友人からハーバライフに勧誘された!友人を失くさない断り方とは?



ハーバライフとはネットワークビジネスの会社です。
ハーバライフに限らず、ネットワークビジネスの勧誘を
一度は受けたことがある方も多いのではないでしょうか?

ネットワークビジネスの勧誘はある日突然やってくるものです。
だいたい自分の親しい友達から日常の中で起こります。

そしてあなたにハーバライフのビジネスを始めるつもりでないとしたら、
あなたはどう言って友達からハーバライフの勧誘を断ればよいか、悩むことでしょう。
ハーバライフに限らずネットワークビジネスでは断り方次第では、
友達との縁が切れてしまうこともあるとか・・・
そんなハーバライフの実態の失態について調査しました。

ハーバライフの勧誘方法とは?

ハーバライフの勧誘の方法はいたってシンプルです。
口コミで紹介活動をしていきます。
まず、ターゲットをリストアップすることから始まります。
そのリストから
・ビジネスに向いていそうな人
・人脈が多い人
を中心に声を掛けていきます。
そして、電話でアポを取って、セミナーに連れて行きます。
慣れてない始めたての人にはABCと言って、口コミに慣れているベテランの人に見込み客を連れて行き、勧誘をしてもらうのです。

ハーバライフの人脈の広げ方とは?

ハーバライフビジネスの人脈の広げ方ですが、通常ですと知人や友人、親戚ではそんなに多くは誘えません。
リストアップするときに、さらにターゲットを絞ります。
・給料に不満がある人
・起業や独立を考えている人
・将来に不安がある人
・子育てで働けない主婦層
・年金だけでは生活できない高齢者
こういった方々に焦点を当てて、ハーバライフの素晴らしさを伝えていきます。
「権利収入で解決出来ますよ!」
と勧誘していくのです。
また、SNSなどfacebookでも紹介活動は出来ますね。
今はネットの時代ですから、営業のように電話してアポを取るより、SNSはとても有効です。

ハーバライフの組織の作り方

ネットワークビジネスはとても誤解されやすいです。
勧誘するにしてもネズミ講などと言って一蹴されてしまう可能性もあります。
MLMは友人を失くすと言われるのはよく聞く話なので、ネットワークビジネスに批判的な人はターゲットから外しましょう。
無理に勧誘してはいけませんね。
アポを取るときもちゃんとネットワークビジネスの話がしたいと事前に告なければいけないので注意しましょう。
同じ価値観があり、ビジネスに理解のある人を勧誘していくと組織がより強くなるでしょう。

ハーバライフに誘われても友人をなくさない断り方は?

ハーバライフのビジネスは、ネットワークビジネス。
ネットワークビジネスの魅力はいわゆる権利収入であり、不労所得で、
人生を豊かにする可能性があります。
しかしそんなに単純ではありません。
まだまだ世間的にネットワークビジネスは悪いイメージを持たれがちですが、
評判の悪い悪徳マルチとも違います。
まともな理念のあるビジネスです。
しかし、友人にハーバライフに誘われているけど、なかなか踏み切れない方もいるでしょう。
親しい友人からのお誘いだから、断りにくい、、、
でも勧誘を口コミで行なうハーバライフでは、そのマインドでの成功は難しいかもしれません。
ネットワークビジネスで成功するには、しっかりとした目的や稼ぐというマインドも必要だからです。
事実、口コミ勧誘で上手くいってない人は多いのです。
興味のない人を勧誘しても意味ないですよね?
そこを理解してない人が失敗していきます。
友人はあたたにメリットばかりを言うかもしれませんが、
よく考え、無理だと思ったらメールでも、電話でももちろん直接会ってでも、
丁寧にお断りしましょう。
友人からの誘いでハーバライフビジネスを始めたけれど、
結局成功できなかったら、その時こそ友人との縁は切れてしまうかもしれません。
自分に自信がない、無理だと思ったら、
ハーバライフに限らずネットワークビジネスには興味がないと
ハッキリとした断り方をした方が友人を失くすことにはならないでしょう。

まとめ

ハーバライフなどネットワークビジネスに友人から勧誘されても、その会社や製品、報酬プラン、勧誘方法など自分で理解した上で、ビジネスを始めることが大切です。
ネットワークビジネスは知人や友人ではなく、興味のある人に向け、展開しなければ意味がありません。
そして、成功には正しい知識とノウハウが必要です。
友人からの勧誘に流されてビジネスを始めて後のち友人を失くすことより、
曖昧な断り方をするより、ハッリとした断り方の方が、
あなたと友人との関係は壊れないと思います。


あなたの口コミ勧誘は間違っている!秘密の成功法を教えます!