マルチ商法でないと勧誘する会社は信用しない方が賢明

インターネットで24時間興味のある人を自動集客するネットワークビジネス!

マルチ商法とネットワークビジネスとは違うものだと宣言して、勧誘するような会社は信用してかからない方が賢明です。

MLMが、マルチレベルマーケティングの略であることは、知られています。

しかし、その英語のマルチという言葉自体には、何の悪い意味もありません。

マルチタレントと言えば、色々と才能を多方面に発揮している人のことですし、マルチ商法のマルチと同じ単語ですが、ずいぶんと違う感じなのに、思えるのは、私だけでしょうか。

日本語でマルチ商法と言うと、過去の悪質なマルチ企業のやり方をどうしても思い出してしまう。

日本独特の事情なのかもしれません。

そういった背景もあって、内容は同じなはずのMLMやネットワークビジネスを、ことさらマルチ商法とは違いますと、言い立てて勧誘する会社の裏には、何らかの意図が隠されているのではないかとカングリたくもなるものです。

悪質だったマルチ業界者の一部が、問題の本質に直面することから逃げて、無反省・無改善に、ことさら、マルチ商法ではない。MLMだネットワークビジネスだと言って勧誘する、目先を変えて、もう一回商売しようというような考えならば、もっと問題の奥は深いということになります。

正体隠しとまでは、言いませんが、あくまでも、言葉は正確に、こしたことはありません。

マルチ商法とMLM、ネットワークビジネスは、同じものなのです。

このことを理解した上で、ネットワークビジネス、MLMの会社選びには、まずはその会社の製品、会社のビジネス展開、会社の報酬プランを自分で研究して納得した上でビジネスを始めることが大切です。

私はまずは商品第1!!

悪徳な商法で儲けることは考えていません。

自分がとっても気に入って、愛用しているものでないと人には勧められません。

でも勧誘するのは苦手。

セミナーに行かなければいけないのは、もっと苦手。時間のムダ!!

寝ている間にダウンザックザク!完全在宅のネットワークビジネス!!←クリック