マルチ商法の強引な勧誘は時代遅れ

求む、在宅ワーカー!1日2h、時給1500円のネットワークビジネス!!

satsutaba

なぜマルチ商法が問題であると言われるのでしょうか?

それには、数多くの理由が考えられるところです。

・ビジネスには素人の人が、同じような素人の人に販売する。それを繰り返すことは商品の情報が正しく伝わらないことにならないだろうか

・マルチ商法のビジネスにあるような、リスクを正しく伝えていない

・ウソの勧誘が行われることが多い

・ボーナスなどの報酬を確保するための強引な勧誘をする

・上部から下部(アップからダウン)への無理矢理な商品の買い込みが強制される

・借金をしてまで無理な商品の買い込みをする会員が後を絶たない

・家族や血縁、友人や仕事の仲間など、人間関係を利用して、強引に勧誘、販売などを行うことになる

・マルチ商法にたずさわる人たちによる強引な勧誘等は、その本人の生活のレベルに至るまでの様々なトラブルの原因ともなっています。

その一方で、マルチ商法の会社の方では、こうしたトラブルやクレームをそれぞれの会員の能力と資質が原因として、会社とは切り離し、みずからの手で、トラブルやクレームを減少させる姿勢などは示してはいません。

こういったことの繰り返しが、過去においても、くり返されてきたわけで、マルチ商法へのきびしい規制が、今に到っては、きわめて勧誘等がしにくい状況をつくってしまっていると言ってもよいでしょう。

また、マルチ商法についての、クーリングオフも現在は、消費者にとっても有利なことになっています。

そして、宣伝方法や営業方法についても、細かな制約が加わっているのです。

したがって、マルチ商法に自分がディストリビューターとして、新規加入する際には、こういった厳しい現状をとらえ、ディストリビューターも、個人として、世間からは悪く見られる可能性が、充分にあることを覚悟してかからなくてはならないわけです。

完全な集客マニュアル完備!→私から詳細別途メールします!