マルチ商法勧誘の連鎖は、階層組織を拡大

ネットワークビジネス、やり方を変えたら、こんなに簡単だった!!

マルチ商法の形態として、ピラミッド型のヒエラルキーを形成していることと、絶えず新しい入会者の勧誘などの販売展開の方法が、ネズミ講と類似しているということです。そして、マルチ商法の、ネズミ講との最も大きな法的な違いは、管轄法律の区分なのです。

pasokonkodomo

しかし、過去において、マルチ商法として展開していた会社が、

実態はネズミ講であったとして摘発された例もあります。

マルチ商法は、大体、以下のような商形態をとっています。

・加入者が新規の加入者を勧誘し、その新規加入者が、さらに別の新規加入者を勧誘するという連鎖によって、階層組織を拡大する仕組みになっている。

・組織に加入している会員は、契約上は商品を売る企業からは、独立した事業主の立場となるが、多くの場合は、上位加入者(アップ)から勧誘された、他の加入者やダウンラインなどとグループを持って、組織的に新たな加入者を勧誘する活動を行っていることがって、疑似科学や誇大宣伝による勧誘などの問題が生じる一因になっている。

マルチ商法と言う言葉は正式な法律用語ではありません。様々な定義もありますが、大体以下のようなことが代表的用法として使われています。

・連鎖販売取引のこと

・連鎖販売取引とそれに類似したものの総称

・連鎖販売取引のうち商品を再販売するもの

・連鎖販売取引とそれに類似した商品のうち悪質なもの

マルチ商法は、無限連鎖講の防止に関する法律によって禁止されるネズミ講と組織の拡大方法で類似点が多いのですが、ネズミ講が金品配当目的であるのに対して、連鎖販売取引を含むマルチ商法は、商品の販売組織である点で区別されています。

ただ、マルチ商法でも、その商材の実際の価値が、販売価格に比べて著しく低い場合には、商品販売が主とは見なされず、金品配当が主と見なされ、ネズミ講とされます。

勧誘、勧誘、勧誘と、そんなに勧誘する人が自分の周りにはいません。

でもインターネットなら勧誘する相手は無限にいるのです。

ちょっと考え方を変えてみたら、簡単なこの方法が判りました!!

ここをクリックしてあなたも無料ご体験くださ