マルチ商法をアムウェイはどうとらえているか。

ネットでMLM、友達勧誘せずに、朝目覚めとともにダウン獲得法教えます!

ネットワークビジネスの大手企業「アムウェイ」は、マルチ商法をどうとらえているのでしょうか。

自社のビジネスとマルチ商法との違いを次のように説明しています。

いわゆる「マルチ商法」は、造語のため定義づけされていませんが、一般に日本では「リクルート(勧誘)さえすれば収入が上がる」など過度な期待を抱かせるような説明が行われたり、粗悪な製品を販売するなどのトラブルを起こした場合、「悪質マルチ商法」「マルチまがい」とマスコミなどで報じられています。

アムウェイ・ビジネスの形態は「特定商取引に関する法律」において「連鎖販売取引」として規定されており、同法律の規定にのっとってビジネス活動を行い、またディストリビューターへの指導も行っています。

とあります。あくまで、法に沿って会社活動が行われているが強調されているようです。

そして、マルチ商法という言葉が、作られた言葉であって、なかなか定義づけが、ムズカシイことも認めています。これは、まったくうなずける見解です。

マルチ商法とは、何かを説明することは、なかなか、どうして、カンタンなことでは、ないのです。

マルチ商法という言葉は、定義づけもむずかしく、確かに定義されずに使われて、悪質な業者が、悪質に使用して、悪用が1人歩きしてしまった例の一つであって、アムウェイに限らずどのネットワークビジネスの会社でも、なるべく避けて、使わないようにしているのかもしれません。

マルチ商法という言葉自体が、悪いイメージを感じさせることなく、ごく普通のものとして、見直される時代が来るのか、これは誰にも判らないと言うしかありません。

知人・友人からアムウェイの商品を勧められて、洗剤や鍋などを購入した経験のある方、それを愛用している方もかと思います。

アムウェイの商品に限らず、自分の愛用している商品を、知人・友人に勧めたとたんに、マルチ?ネズミ?、、

そんな経験のある方、この青色下線をクリックしてあなたの人生変えてください!!