ネットワークビジネス、 化粧品・エステに関する消費者問題

口コミなし、勧誘なし、インターネットで自動集客する完全在宅のネットワークビジネス!

ネットワークビジネス化粧品エステをを扱う会社も多いようですが、
中には化粧品を勧める際、エステで取り扱っていてそれを勧めるなどということもあるようです。
安全性を欠いた商品やサービスが原因の消費者問題があります。
その中の危害情報で報告例が特に多いのがエステです。
社会的に充分に認知されているサービスにもかかわらず、なぜそんなに危害が多いのでしょうか。
そこには美容院の施術とは違い、なんらの公的規制も資格もないことが最も大きな要因と考えられるのですが、
もう少し細かくその要因を分析してみましょう。
エステティシャンの技量に問題のあること、またその不注意。
体質や体調管理、認められていない医療行為などをすることなどが、直接的な理由として考えられていますが、
やはりそこまで考えると、先に述べたエステに関しての法規制を含んだ公的なルールが存在していないということにつきあたるのです。
開業の届出義務もなければ、エステティシャンの公的資格もないということ。
エステの事業者数、エステサロン数さえ、定かではないこと。
どこまでがエステサロンで行ってもよいかの施術の範囲ですら不明であるということなどがあげれれるのです。
また消費者がエステを受ける際に、その判断材料になるべき情報が少ないこともあげられます。
ゴージャスな雰囲気、良い香り漂うなかで、
リラックスした中で最高のエステがなされ、その後はゆっくりお茶を飲みながら、、
化粧品やらの勧誘が始まっていく、、、
などという場合もあるようですが。。。
断る人に無理矢理進めれば違法ビジネスにならない?、、、
完全在宅インターネットで24時間自動集客するネットワークビジネスなら、
知人・友人誘うことなく、口コミ、勧誘不要!その正体は!?