ネットワークビジネス、勧誘の仕組み

インターネットで自動集客するネットワークビジネスなら、口コミも勧誘もする必要がありません!
一般的にネットワークビジネスは、口コミ、勧誘など人脈たよりの販売商法であるために、マルチ商法やMLMなどという連鎖販売の総称として使われることが多いようですが、
そういった意味でのマルチ商法では特に特に20代の若い男女を勧誘して、それがときに大問題になることがあるようです。
 社会に出てからまだそれほど時間のたっていない若者をターゲットに広げているマルチ商法は数多くあります。社会に慣れる前の人間は、何が良くて何が悪いのか、正常に判断する基準を持つ前の段階ですから、特に注意が必要となります。
一番不幸なのは手に入れた職業を投げ捨てて、マルチ商法に身も心も没入してしまう場合です。
ふとした機会に、友人から勧誘されてあるマルチ商法の会合に連れていかれる。
   ↓
商品の話などあらかじめ聞かされているわけでもないし、その会合では物を売る話も出ないし、商品のことも何もない。友人どうしのつきあいの派生として、本人も何の警戒もしていません。
その会合でも儲かる話などいっさいされません。
人生に対する考え方、人間の可能性への挑戦が日常不可欠なこと、おのれの生きざまと対面することなどうを熱意をこめて互いに話し合うだけで、自分の人生を人それぞれ真剣に問い直そうというものだから、
ややカタイなとは思っても、そういう人たちもいるんだなと感心して帰ってくる。
   ↓
そういう素直な若いひとほど、きみたちはいったい何のために生きているのか、人生の本質とは何か、そんなものすぐに答えの出る話ではないのですが、問い詰められると、いったい自分はこれでいいのだろうかとグラッときてしまう。
   ↓
そのような会合に二回三回と参加して、重ねて話に加わり、マインドコントロールにおちいってしまう。
儲け話やマルチ商法の話が出てくるのは次の段階です。
   ↓
自分の可能性に挑戦するのは、これしかないと思い込んでしまうし、まわりを見れば、そういう男女が楽しく集まってワイワイやるのですから、楽しめないわけがない。
そうやって、気が付いた時には戻れないほどの深みにはまりこまされているというぐあいです。
20代の若い人たちには未来がたくさんあるはずです。そういった活力ある人生の期間に、絶対的な収入が約束されているかのような錯覚を与えて、洗脳することによって、職業まで投げうってまで、引きずり込むことが、どんなに許されないことか、悪質なマルチ商法のこわさはこんなところにもあらわれているのです。
ネットワークビジネスでも口コミなし、勧誘なし、自宅のパソコン1台、インターネットで自動集客するネットワークビジネスをご興味があれば是非ご覧ください。