ネットワークビジネスとは、特定商取引法の理解が大事

口コミ・勧誘不要、インターネットで自動集客するネットワークビジネスを!!

bannar word press

ネットワークビジネスとは、ディストリビューターがビジネスを正しく行うことで成り立っているもので、ふつうにネットワークビジネスを行っていれば、法に触れることはありませんが、規制の多い、ネットワークビジネスの世界では、特定商取引法だけは、ある程度判った上で、すすめなければいけません。

ネットワークビジネスとは、消費者トラブルも起こしやすい場合もあり、この特定商取引法に関して難し条文を暗記する必要などは、ありませんが、様々な実例をたくさん読んで、いい例悪い例、両方を学ぶことです。

そして、悪い例を学ぶときは、その最悪最低の状況がどんなことになるのか、さけようとしないで、直視すること。

また、ネットワークビジネスとは、口コミや勧誘で知人などに広めていきますが、親戚や友人などを勧誘するのは、家族の同意をもとめてから行うべきです。

親戚も友人も家族の1人の大事な存在です。

ネットワークビジネスとは、こういったいわゆる勧誘という行為で、兄妹、親戚、友人などそれぞれとの関係も壊してしまうことにもなりかねないものであるという認識で、人への勧誘をすべきでしょう。

どんなに良い商品でも、どんない心から、すすめたいと思っても、そりあえずは、気持ちをおさめて、家族の1人1人に許可をもらってから、すすめてよいのなら構わないと思います。もちろん結果は別ですが。

ネットワークビジネスとは、こういった、家族の中での、いうなれば厳しいルールを守って始めるべきもので、こういった人は数多くいます。

ネットワークビジネスとは、家族に反対されるものだから無理と最初から思うこともありません。

何よりも話しあい、その中から、ネットワークビジネスの芽を育てていくことです。

その芽がやがて大きな樹になるのも、ならないのも、家族の理解による所が大なのかもしれないではありませんか。

知人・友人勧誘せず、インターネットで自動集客するネットワークビジネス!

自宅のパソコンで空いた時間で権利所得が得られます。

詳しい集客法は→こちらをクリック