ネットワークビジネスとは何か?マルチ商法の定義とは?問題点を解明!

知人・友人誘わずに、完全在宅、インターネットで自動集客するネットワークビジネスって最高です!
誰にも内緒で、誰にも迷惑かけることなく、ひとりコーヒーを飲みながら、
1日1~2時間ほどはパソコンをいじりますが、それだけでいいネットワークビジネス
ネットワークビジネスも多種多様なんです。
ところでマルチ商法とはいったい何で、どこが問題なのでしょうか。
その明確な定義が何か、これも難しい問題です。
消費者が商品を購入して参加する会員制の販売方法というと、普通の人はもちろんのこと、全国の消費生活センターもまずそれはマルチ商法だろうと判断します。
そのうえに消費者が無理やり商品を購入させられて仲間に入れられて、そのために出したお金の元が取れなくなったとマスコミに出て訴えれば、すぐにマルチ商法だととびついてきます。
これはこの数十年繰り返されてきたパターンです。
不要不急の商品をもうかるという理由だけで自分が買い、
さらに同じように友人、知人にももうかるからと口コミ、勧誘で広げていって、
次々とネズミ算式に増やして、買わせていかないと、やがては被害者がどんどん出てくる、
結局は決して、もうかることのない商法というのが、社会一般でのマルチ商法の受け取られ方でしょう。
これは社会にとって有害だから、マルチ商法はいけないと正常に判断されるわけなのです。
ただ、ここで考えなくてはならないのは、
実際に良質の商品の体験から、愛用者のつながりを広げて、
その結果謝礼を手にすることは、結果としてそうなっただけで、
もうけるために勧めたわけではない場合です。
もうかるよもうかるよで、人をさんざんそそのかして商品の拡大を計る悪質なものと、
その商品が良いから愛用し広がっていくものと、
商品・会社・システムと同じような形で運営されるわけですから、さらに判らなくなります。
結局は商品の販売を展開する本体の姿勢によるのではないかとでも結論づけざるを得ませんが、
それは同時に参加する人のシステム運用のやり方にもあるのではないでしょうか。
口コミなし、勧誘なし、セミナーなし、完全在宅でインターネットで自動集客するネットワークビジネスのシステムはこちらよりご覧になれますa>