ネットワークビジネスとは?口込み、勧誘、マルチ商法、ともだち2人連れてこい

インターネットで自動集客するネットワークビジネスなら、口コミ、勧誘する必要がありません!

馬鹿でも2人くらいは友達がいるものだ。
その2人を連れてこい。
マルチ商法業界では、人集めの際に、こんなセリフが使われているそうです。
誰でも簡単に金儲けできるという勧誘時の文句は、こんな際に多くささやかれるわけですが、
実際には組織に限界があるという点で、また反社会的な不当性がある点で、
多く批判の的になっているわけです。
そして体験者の多くから調査したところ、
もうかるのはせいぜい2年というのも業界関係者は熟知しているようです。
また、本当にもうかるのは全体の1%というのは正式なデータが存在するわけではありませんが、
かつて経済企画庁がネズミ講が社会問題化した時にとった統計があり、
ネズミ講の場合には、満額儲かるのは全体の0.8%、なんとか元がとてる者は約24%、
マル損する者は75%という結果が出ています。
実際のマルチ商法はネズミ講的に会員が増えていって破綻するものではないけれども、
誰も彼もがもうかるわけではないという有限性を販売競争の弱肉強食にすりかえて、
マルチ本体は商売への情熱が足りなかったからだと、
自らへの会員からのクレーム等から回避する手段としているのです。
マルチ商法というものは一言でいうと、口コミ、勧誘での人集め組織プラス、
セミナーなどでの催眠商法であって、
催眠手段による不当な勧誘方法を用いているものがその代表です。
口コミなし、勧誘なし、セミナーなし、完全在宅、空いた時間にインターネットで自動集客するネットワークビジネス、ご興味のある方はこちらよりご覧ください。