ネットワークビジネスの仕組みって、やっぱり上の人が儲かるの?

口コミ・勧誘不要なインターネットで自動集客するネットワークビジネス!

いわゆるネットワークビジネス、マルチ商法というのは、商品購入などの金銭的負担をした組織加入者に新規加入者を勧誘させて、経済的利益を与えるという商品販売の仕組みです。

もう少しくわしく説明すると、組織加入者を契約上、独立の商人として扱うという仕組みです。

ネットワークビジネスでは商売上の経験や知識のない一般の消費者を、販売業者から給与所得を得る販売員としてではなく、商人という形態でとりこむ仕組みになっています。

ネットワークビジネスの加入者を複数のレベルに区分して、上級のレベルほどその資格を取得する負担を大きくするが、その一方、商品の割合率、リベートなどで有利な待遇をする。

ネットワークビジネスの加入者の収入源として、商品流通による中間マージンの他、新たな加入者を増やすことや配下の加入者を昇格させることで、多額の利益が得られる仕組みでもあります。

ネズミ講はシステムとしては類似していますが、ネズミ講の本質は、

会員がさらに会員を勧誘して組織をネズミ算式に拡大するということによって、各会員が下部会員から送金を受け取ることができるという金銭配当組織です。

ネットワークビジネス、マルチ商法はあくまでも商品販売方法の一つですから、ネズミ講とは違うわけです。

またネズミ講は結局は破綻するだけではなく、いたずらに射幸心をあおることで、加入者の相当部分の者に経済的損失を与えるという性質を持つことから、無限連鎖講の防止に関する法律で全面的に禁止されているわけですが、

ネットワークビジネスいわゆるマルチ商法は特定商取引上の連鎖販売取引として、規制の下、行われているのです。

知人・友達誘わず、口コミ・勧誘することなく、自でお茶を飲みながら、

寝ているあいだも、

インターネットで24時間自動集客可能なネットワークビジネス!!

興味のある方、是非→無料閲覧可能

コメント