ネットワークビジネス成功に、マルチ商法と紛らわしい愛用者活用方式

口コミなし、勧誘なし、セミナーなし、完全在宅ネットワークビジネスで成功します!!
マルチ商法と紛らわしいと判断されているのが、いわゆる愛用者活用方式です。
製品愛用者の中から販売員を選ぶという意味でピックアップ方式などとも呼ばれています。
その特徴としては、本社と販売員とに雇用関係はなく販売委託契約となっています。
加入金の支払い義務と商品の仕入れ義務がない。
販売員をやめたければ無条件でいつでもやめられ、手持ち商品の返品も自由である。
会員獲得の報酬が不労所得ほどに高額ではなく、商品の販売に力を入れないと収入の大半に結びつかない。
かつてのマルチ商法のように下部組織がデタラメな行動をとることがなく、
本社による管理が適正にされているなどがあります。
システムそのものだけをとってみると、確かにマルチ的ではありますが、
そうではありません。
少し古い資料ですが、アメリカの悪徳商法の実情を調べた経企庁などの報告書では、
各州はマルチ商法とよく似たシステムの商法に対して、
規制するべきかどうかという線引きを次のようにレポートしています。
これを参考にするとマルチ商法がどういうものかというのが、よく判ると思います。
違法な商法と健全な商法との間の明確な区分けはないが、
一般に違法性の高い商法は、商品の販売よりも新規参加者のリクルートに重点が置かれており、
利益は主にここから生まれるシステムになっている。
これに対して、そうでない商法の場合は、あくまで商品の販売が主目的であり、販売員についてみると、
① リクルートをしたからといって、それほど急速に収入が増えるとは約束しないこと
② 最初の事業開始に要する費用は少額であること
③ 商品を大量に抱え込む必要はなく、もし販売員がやめたい場合はいつでも在庫を返品することができること
等が一応の目安になっています。
商品の評判がよく 需要が次々生じてくる消耗品を扱っている企業なら、口コミ、勧誘などに頼らずとも、
商品の販売で儲けが得られるので、マルチ志向の強まる可能性は弱いといえるでしょう。
口コミなし、勧誘なし、ノルマなし、セミナーなし、完全在宅、
インターネットで自動集客出来るネットワークビジネスを、無料でご覧になれます。