ネットワークビジネス成功のため 必見!マルチ商法か否かの見極め方

口コミなし、勧誘なし、セミナーなしのネットワークビジネス
公的機関もマルチ商法のリクルート時の注意点として、次のような注意点をあげています。
勧誘は、まず既に加入している人が、新規に加入させようとする人を説明会場へ連れて行くことから始まります。
この場合、見ず知らずの他人を連れて行こうとすると、かなり不審に思われるので、経験のある方もいらっしゃるかもしれませんが、普通は友人、知人、同級生など、誘ってもあまり不審を抱かないような人が対象となされます。
親元を離れて、一人暮らしをしている、学生時代の同級生を勧誘する例が多く見受けられるそうです。
口コミ、勧誘、、大変ですね。
口コミなし、勧誘なしのネットワークビジネス、理想です!
そして説明会場へ連れて行く場合は、マルチ商法の話は一切せずに、
「良いアルバイトがある」
「良い話だから信用して一緒に来て」
などと言って、誘い込みます。
また、事前にパーティや旅行などに誘い、そこできっかけを作った上で、
「こんなに楽しい会にあなたも入ってみませんか」
「このあいだの仲間が集まって仕事の話をするから一緒に行こう」
などと言って、説明会場へ連れて行くのが目的のようです。
説明会、セミナー、、大変ですよね。
セミナーなし、完全在宅のネットワークビジネス、理想です!
説明会場では、商品説明のほか、特殊な成功例をあげて、
誰でもが高収入をあげることが確実であるようなことが強調されます。
説明終了後、新規に加入させようとする人を何人かで取り囲み、
人間の欲望や競争心を巧みにくすぐるなどの心理戦術を駆使して、
契約すると言うまで何時間でも説得を続けます。
契約書にサインすると、マルチ業者はすぐに金銭の支払いを要求します。
この場合、親とか友人から借金をさせ、これを足かせにして
脱出を防止しているような例もあるようです。
このようなマルチ商法の特徴は勧誘時に表れます。
いかに効率よく上手に新規加入者を集めるかという一つのノウハウが
出来上がっているのです。
口コミなし、勧誘なし、セミナーなし、インターネットで自動集客するネットワークビジネス理想です!