ネットワークビジネス被害状況 20~30代

口コミなし、勧誘なし、セミナーなし、インターネットで自動集客する完全在宅ネットワークビジネス!!

ネットワークビジネス、悪質なマルチ商法などからの消費者被害全般について考えてみます。
20歳や30歳代の若い世代。
社会的経験はまだこれからだけれど、生活上、少し自由になるお金があると、
それを狙ったネットワークビジネスの中でも、悪質商法にとってはいいカモになってしまうことが多いのです。
街で一人前扱いしてもらえて、ネットワークビジネスに声をかけられたとか、
気持ちの良い雰囲気の異性に誘われたからという理由で、ついつい、好奇心に誘われて出かけてしまうと、
それがきっかけで、高価な商品を買わされたり、
まったくいらない物を買ってしまったりという被害が多いようです。
アンケートに答えてくださいと呼びかけてきて、
喫茶店や事務所に連れていったあげく、
化粧品やエステなどを契約させるキャッチセールスといわれる販売方法と、
異性が声をかけてきて、メールや電話で何回も連絡してきて、
恋人気分にさせて高額な洋服やアクセサリーを買わせる恋人商法などは、
女性に被害が多く見うけられるようになりました。
若い異性相手には、
良い話がある、抽選に当たったと電話でホテルのロビーなどに呼び出すアポイントメント商法で
会員権や教材などを買わせる被害、資格商法や知人からの悪質なマルチ商法。
収入があまり多くないのにかかわらず、高額なクレジットを組んでしまったり、
この世代ではそもそもクレジット、消費者金融等の利用の仕方自体への理解が
基本的にできているのかという問題が根底にはあります。
悪質マルチ商法被害相談の実に6割近くがこの世代。
電話勧誘販売被害相談も5割以上がこの世代に占められているのも大きな特徴です。
ネットワークビジネスの勧誘には色々な手口があるので注意が必要ですが、
必要のないものはきっぱりと断わる、また本物を見極める自分自身が重要と思われます。
知人・友人誘うことなく、口コミなし、勧誘なし、ノルマなし、セミナーなし!
インターネットで24時間自動集客する完全在宅のネットワークビジネス!無料にて配信中です。