ネットワークビジネス、悪質マルチ商法との違い

口コミなし、勧誘なし、インターネットで自動集客するネットワークビジネス!

アメリカの司法が下した、ネットワークビジネス悪質マルチ商法との違いは次のようなものです。
勧誘時の入会金からの手数料収入が存在しない。
販売員の収入は商品販売利益から出ている。
それと比べて悪質マルチ商法は入会手数料を販売員の収入源にしているので、強引な勧誘が多発する。
販売員に在庫負担を強制していない。逆に悪質マルチ商法では、売り上げをあげるために販売員に商品を買わせて在庫を抱えさせることになる。
返品払い戻しのルールがある。悪質マルチ商法では売り上げの数字を下げてはいけないので、返品や払い戻しはさせない。
販売員に在庫を過剰に抱えさせないルールがある。逆に悪質マルチ商法では、売り上げを上げることにこだわって、販売員に大量に買わせてしまう。
販売員は勧誘だけでなく、商品の販売も行って収益を得るというルールがある。
逆に悪質マルチ商法では、まったく小売りを行わずとも、人を勧誘するだけで収益を得ることができる。
即ちネズミ講と同じ実態ということになる。
インターネットで自動集客するネットワークビジネスなら、
口コミ・勧誘不要でしかも完全在宅!こちらよりご確認ください。span>