マルチ商法、不意な勧誘・商売は違法行為

友達勧誘しないで成功できるネットワークビジネス、そのマニュアはこちら

何度も繰り返して言いますが、マルチ商法そのものは、合法的なもので、法律に反しているわけでは、ありません。無店舗販売や委託販売との区別が、つきにくいからとも言われています。

ただ、言うまでもなく、強引な勧誘や押し売りは、法律で禁止されています。

商品を売るときに、虚無の説明をしては、いけないことは、もちろん、その他にも特定商取引に関する法律で、連鎖販売取引として細部にわたる規制が、されています。

本当は、マルチ商法勧誘が目的であるのに、その事実を伝えないで、相手を呼び出すのは、違法です。

電話やメールで遊びに行かないかと誘っておいて、呼び出した相手に、不意に勧誘・商売するのも、違法行為です。

同じ理由で、お料理パーティをしましょうと呼びかけて、その場で調理器具を売ったり勧誘するなども同様です。

マルチ商法の本社は、法律を守るように、会員を指導しているはずですし、さらにきびしい独自のガイドラインを設けているところもありますが、末端の会員たちが、それを守り、法に反する行為をしていないかというとそこは大いに疑問です。

薬事法も知らないので、化粧品や健康食品を売るときに、平気でアトピーが治ると説明してしまいます。

こういった人たちは、本社にやとわれているわけでは、ありませんから、言いかえればマルチ商法の販売員は、肩書は、あくまで1人1人が独立事業主ですから、何かトラブルがあっても、本社が面倒をみてくれるわけでもありません。

マルチ商法の会社にも色々ありますが、違法行為など、末端の細部にまで行き届いた説明のある会社でないと、何か問題が起こったときが不安です。

ですから細かな行き届いた徹底したマニュアルのある会社であれば安心できます。

完全在宅、完全なマニュアル、完全なサポート!

これからのネットワークビジネス、問題を引き起こす勧誘は、インターネットで!!

ここをクリックして、無料資料請求!