マルチ商法に悪徳商法の手法がセットになっているものに要注意

ネットでMLM、友達勧誘しないで成功する方法はこれしかない!!

マルチ商法のビジネス展開は、それ自体は違法なものでは、ありません。

ただ、多くの場合に悪徳商法の手法が、セットになっているものがあり、こういったものには、要注意です。

マルチ商法の契約で仕入れやノルマは、いっさいないはずの契約内容なのに、割引適用します。一割購入仕入れの会員のみとか、仕入れの数ふやせば、ポジションランクアップとか、会員に少しでも多くの商品を買わせ、結果として、多くの在庫をかかえることになるのです。

また、いわゆるマルチ商法と資格商法と抱き合わせたものもあります。

このエステ器具で経験を重ねれば、やがては〇〇の資格がとれるので有利ですなどの説明にだまされ、その資格ほしさに、高額なエステマシーンを買わされてしまう。こういった商法の代表的な例です。

もし、これが化粧品などなら、会員は、皆美容に関心を持っている人たちですから、美容に関する資格を得られると思うと、高額な美容機材などを買わされてしまうのです。

もっと悪質な霊感商法をからめたマルチ商法もあります。

上の会員が、自分で占い師や霊媒師をやっていたり、あるいはそういった人たちの知り合いで、下の会員に商品を買わせるにあたって、オカルトをまじえた説得を加えて、大量に買わせたりするものです。

デート商法とからめたマルチ商法もあります。会合などを通じて知り合った異性からの商品大量購入のお願いなどされ、好ましいと感じる異性からのアプリローチについのせられてしまうのです。

薬事法違反の知識もなくて、ガンは治る水とかアトピーが消える化粧品とか、平気で口にするインチキ商法としか言えないマルチ商法も後を絶ちません。

マルチ商法の販売員のニセ科学をふりかざした、虚偽の説明や強引な押売りは、必ずしも、会員外の一般人をターゲットとして、行われるものでは、ありません。

むしろ、日頃、会員同士の上下関係の中で横行している、哀しい出来事なのです。

マルチ商法の本社の多くは、こういったことに、見て見ぬふりをしています。

完全在宅のネットワークビジネス、ダウンザクザク獲得法教えます!!