マルチ商法の会社へのチェックが有効

ネットワークビジネスでの権利収入で、10年後不労所得のある生活を成就する方法

マルチ商法が市民権を得ているアメリカでは、政府公的機関であるFTC(連邦取引委員会)では、マルチ商法への注意事項として、

「すべてのMLMプランが合法というわけではない。中には違法なネズミ講がある。あなたの利益の源泉が、組織外(一般の最終消費者)への売り上げに基づくのではなく、あなたのリクルートした人の数やリクルートした人への売り上げに基づくならば、それは違法なネズミ講」

とかかれているそうです。

また、マルチ商法に参加する際の検討のしかた(こうやって→検討しよう)も記されているそうです。

マルチ商法のあり方について、我々、日本人にとっても、たいへん参考になります。

●まずあなたが自分の売ろうとしているものについて会社が言っていることについて、    それを裏付ける確証や信頼できる調査研究があるか確かめる必要がある。

会社の準備についてインターネットや新聞、雑誌で調べよう(例えば以下のようなこ            とについて)

会社の歴史

・顧客満足について肯定的な評価があるか

会社や製品についてのウェブサイトやブログでの口コミ

・その会社が過去にサギ的な行為で訴えられたことがないか

・無いからと言って適法とは限らないが、司法省に苦情がないか調べよう

●セミナーで金を払ったり契約しないように。考える時間を持ち、調査する前にあわて て決めないように。また多くの質問をして書いた回答をもらうようにしよう。

●友達やアドバイスできる人にそのマルチ商法のプランや説明や質問への解答などを読んでもらおう

●このマルチ商法が、あなたの才能や目標に適しているかどうか、よく考えよう。

こうやった素直にマルチ商法会社へのチェックをすすめていくのは、アメリカ、日本を問わず、有効だと思われます。

インターネットで自動集客、寝ている間にダウンザクザク獲得法!!

アドレスご登録の方に無料で完全なマニュアルをメールにて配信いたします。

ここをクリックしてお名前、アドレスのみご入力ください。