詐偽商法、悪徳商法、消費者の弱みをつくテクニックとは

家事をしながら完全在宅、ネットワークビジネス
詐欺商法悪徳商法に被害を受ける人は、比較的高齢の方や、主婦が多くみられるようです。
高齢者は年金暮らしの方が多く、また主婦の多くは厳しい家計のやりくりに疲れ、
いつも経済状況を好転させたいという思いを、それぞれ強く持っているものです。
そういった思いにつけこんだ高金利やら高配当やらのもうけ話を持ってくる詐偽商法悪徳商法のセールスマンにのせられてしまうことになってしまい、やがては多大な被害を受ける結果に終わってしまいます。
勿論騙されるのは高齢者の方や主婦の方たちだけではありません。
若い世代のサラリーマンやOL、または学生の間にも多大の被害が広がっているようです。
なぜふつうの消費者が詐欺商法悪徳商法の犠牲になるのがいつまでも続くのでしょうか。
第1は、消費者は良い商品を人より安く買うことで自分が得をしたいという欲望があることです。
    これは消費者としては当然の欲望ですよね。
    ただあまりに他の人よりより安くという点だけにこだわり過ぎると、
    詐欺商法悪徳商法につけこまれてしまうのです。
   消費者は自分が商人側からどんなに安く買おうと思っても、
   そこには一定の限界が必ずあるということを知らなくてはならないはずです。
第2に、消費者には自分の希望をかなえてくれる商品を買おうとする欲望があります。
    この欲望があまりに強すぎても詐欺商法悪徳商法に騙    されることになります。
第3に、消費者には持っているお金を増やそうとする欲望があります。
    即ち持ち金を元金に一攫千金を夢みる傾向が強い人ほど、その欲望につけこまれて
    詐偽商法悪徳商法に騙されることになってしまうのです。」
こういったふうに、詐欺商法悪徳商法の被害者の性格には多くの共通するものがあるようです。
まさにそのあたりを詐欺商法悪徳商法側は、消費者の心理や性格を分析して、
その心理や性格を巧みに利用しておとしいれるからです。
多くの被害者は取引時に詐欺商法悪徳商法に騙されたという意識はまったくありません。
被害者によっては数日してから、気づく人から、数ヵ月、数年してから気づく人もいるようです。
手口が巧妙になればなるほど、自分では気づかずに人からの指摘でようやく目が覚めるというのも、
決して少なくないそうです。
年齢に関係なく、家事をしながら完全在宅、生涯型ネットワークビジネスを是非ご確認ください