ネットワークビジネスとは、自分のためのビジネスである

一歩も外出しなくても、この方法なら成功できるネットでMLM!!

ネットワークビジネスとは、MLMマルチレベルマーケティングとも呼ばれる流通方式です。

1939年にアメリカのカリフォルニアを本拠地とするニュートリライト・プロダクツが、世界に先がけて始めたビジネスと言われています。

ネットワークビジネスが、他の販売方法、例えば、店頭での小売販売や通信販売や訪問販売と大きく違う所は、ネットワークビジネスとは、商品をメーカーから直接に、消費者へと流通させて、商品を流通させるのに、何らかの形で貢献した人に、お礼として、報酬を支払うという点です。

また、販売経路を拡大していく上でも、一般の企業が、広告や宣伝を繰り広げて、商品名の衆知を続けるのと違い、消費者イコール愛用者イコール会員の口コミによって、拡がるものです。

ネットワークビジネスとは、メーカーが発注して、製造会社が、商品を製造するか、メーカーが、自社で商品を製造するという所から、スタートしていきます。

製造された商品は、会員でもある消費者の紹介を経て、消費者の手に届けられます。

流通の形態としては、一番シンプルなものであり、直接性から、ダイレクトセリングとも呼ばれているものです。

もう一つ、ネットワークビジネスとは、店頭販売や通信販売や訪問販売と違って、そこで働いている人が、会員でも消費者でもあるのと同時に、その企業のためでも、上司のためでもなく、あらゆる意味で、自分のために行えるビジネスであるということがいえます。

自分のためのビジネスというのは、自分が良いと考えて、かかわっている会社の商品を買って、その商品を愛用するところから、始まります。

ネットワークビジネスとは、その企業としては、宣伝広告費や営業担当社員等への人件費や店舗・事務所費用などを節約することができ、その分で商品開発等に費用を投入することが、出来るという利点が、あります。

ネットワークビジネス、やり方変えたら実はこんなに簡単だった!