プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

nanairo合同会社(以下,「当社」といいます。)は,本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)におけるプライバシー情報の取扱いについて,以下のとおりプライバシーポリシー(以下,「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(プライバシー情報)

プライバシー情報のうち「個人情報」とは,個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし,生存する個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日,住所,電話番号,連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報を指します。
プライバシー情報のうち「履歴情報および特性情報」とは,上記に定める「個人情報」以外のものをいい,ご利用いただいたサービスやご購入いただいた商品,ご覧になったページや広告の履歴,ユーザーが検索された検索キーワード,ご利用日時,ご利用の方法,ご利用環境,郵便番号や性別,職業,年齢,ユーザーのIPアドレス,クッキー情報,位置情報,端末の個体識別情報などを指します。

第2条(プライバシー情報の収集方法)
当社は,ユーザーが利用登録をする際に氏名,生年月日,住所,電話番号,メールアドレス,銀行口座番号,クレジットカード番号,運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。また,ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や,決済に関する情報を当社の提携先(情報提供元,広告主,広告配信先などを含みます。以下,「提携先」といいます。)などから収集することがあります。
当社は,ユーザーについて,利用したサービスやソフトウエア,購入した商品,閲覧したページや広告の履歴,検索した検索キーワード,利用日時,利用方法,利用環境(携帯端末を通じてご利用の場合の当該端末の通信状態,利用に際しての各種設定情報なども含みます),IPアドレス,クッキー情報,位置情報,端末の個体識別情報などの履歴情報および特性情報を,ユーザーが当社や提携先のサービスを利用しまたはページを閲覧する際に収集します。

第3条(個人情報を収集・利用する目的)
当社が個人情報を収集・利用する目的は,以下のとおりです。

(1)ユーザーに自分の登録情報の閲覧や修正,利用状況の閲覧を行っていただくために,氏名,住所,連絡先,支払方法などの登録情報,利用されたサービスや購入された商品,およびそれらの代金などに関する情報を表示する目的
(2)ユーザーにお知らせや連絡をするためにメールアドレスを利用する場合やユーザーに商品を送付したり必要に応じて連絡したりするため,氏名や住所などの連絡先情報を利用する目的
(3)ユーザーの本人確認を行うために,氏名,生年月日,住所,電話番号,銀行口座番号,クレジットカード番号,運転免許証番号,配達証明付き郵便の到達結果などの情報を利用する目的
(4)ユーザーに代金を請求するために,購入された商品名や数量,利用されたサービスの種類や期間,回数,請求金額,氏名,住所,銀行口座番号やクレジットカード番号などの支払に関する情報などを利用する目的
(5)ユーザーが簡便にデータを入力できるようにするために,当社に登録されている情報を入力画面に表示させたり,ユーザーのご指示に基づいて他のサービスなど(提携先が提供するものも含みます)に転送したりする目的
(6)代金の支払を遅滞したり第三者に損害を発生させたりするなど,本サービスの利用規約に違反したユーザーや,不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの利用をお断りするために,利用態様,氏名や住所など個人を特定するための情報を利用する目的
(7)ユーザーからのお問い合わせに対応するために,お問い合わせ内容や代金の請求に関する情報など当社がユーザーに対してサービスを提供するにあたって必要となる情報や,ユーザーのサービス利用状況,連絡先情報などを利用する目的
(8)上記の利用目的に付随する目的
第4条(個人情報の第三者提供)
当社は,次に掲げる場合を除いて,あらかじめユーザーの同意を得ることなく,第三者に個人情報を提供することはありません。ただし,個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。
(1)法令に基づく場合
(2)人の生命,身体または財産の保護のために必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
(3)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
(4)国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって,本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
(5)予め次の事項を告知あるいは公表をしている場合
利用目的に第三者への提供を含むこと
第三者に提供されるデータの項目
第三者への提供の手段または方法
本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
前項の定めにかかわらず,次に掲げる場合は第三者には該当しないものとします。
(1)当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
(2)合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
(3)個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって,その旨並びに共同して利用される個人情報の項目,共同して利用する者の範囲,利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について,あらかじめ本人に通知し,または本人が容易に知り得る状態に置いているとき
第5条(個人情報の開示)
当社は,本人から個人情報の開示を求められたときは,本人に対し,遅滞なくこれを開示します。ただし,開示することにより次のいずれかに該当する場合は,その全部または一部を開示しないこともあり,開示しない決定をした場合には,その旨を遅滞なく通知します。なお,個人情報の開示に際しては,1件あたり1,000円の手数料を申し受けます。
(1)本人または第三者の生命,身体,財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
(2)当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
(3)その他法令に違反することとなる場合
前項の定めにかかわらず,履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については,原則として開示いたしません。
第6条(個人情報の訂正および削除)
ユーザーは,当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には,当社が定める手続きにより,当社に対して個人情報の訂正または削除を請求することができます。
当社は,ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の訂正または削除を行い,これをユーザーに通知します。
第7条(個人情報の利用停止等)
当社は,本人から,個人情報が,利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由,または不正の手段により取得されたものであるという理由により,その利用の停止または消去(以下,「利用停止等」といいます。)を求められた場合には,遅滞なく必要な調査を行い,その結果に基づき,個人情報の利用停止等を行い,その旨本人に通知します。ただし,個人情報の利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって,本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は,この代替策を講じます。

第8条(プライバシーポリシーの変更)
本ポリシーの内容は,ユーザーに通知することなく,変更することができるものとします。
当社が別途定める場合を除いて,変更後のプライバシーポリシーは,本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。
第9条(お問い合わせ窓口)
本ポリシーに関するお問い合わせは,下記の窓口までお願いいたします。

住所:〒108ー0075
東京都港区港南1丁目9−36
社名:nanairo合同会社

Eメールアドレス:jpnmit7@gmail.com

以上

Source: 55歳からの副業のススメ

日本アムウェイ 17年12月期売上高 3年連続増収の1010億100万円

 日本アムウェイ(本社東京、ピーター・ストライダム社長)は4月26日、17年12月期の業績を発表。売上高は、前期比0・5%増の1010億100万円で3年連続の増収となった。2年連続で1000億円を上回っている。

 栄養補給食品ブランド「NUTRILITE(ニュートリライト)」の売り上げナンバーワン製品「トリプルX」を10年ぶりにリニューアルした結果、売り上げを大きく伸ばした。

 更新ディストリビューター数は約67万組で、前期より約2万組減少した。アムウェイ ショッピング メンバー数も同様に約5000組少ない約5万5000組だった。

(続きは、月刊ネットワークビジネス2018年7月号をご覧ください)

Source: 月間ネットワークビジネスWEB

Source: 55歳からの副業のススメ

アライヴンの「伝え方」で一番大事なこと!

アライヴンビジネスの「伝え方」で一番大事なこと!

アライヴンビジネスは、「人から人」へ価値を伝えていくビジネスです。

その「伝え方」を間違えると、あなたのアライヴンビジネスはそこで終わってしまいます。

「アライヴンビジネスは儲かるから、一緒にビジネスやろうよ」なんて言っては絶対にダメ。

これは昔の勧誘の仕方です。

「このサプリ、すごくいいよ〜」も、伝わりません。

アライヴンの商品は、売ろうとすればするほど、売れません。

テレビCMや雑誌広告などもない商品を、日常的に使ってもらうには丁寧なコミュニケーションとそれによって生じる信頼関係が何よりも大切です。

アライヴンビジネスの「伝え方」で大事なことは、相手にとって必要な情報を伝え続け「いかに信頼を勝ち得るか」ということです。

では、アライヴンビジネスを伝えたい相手と信頼関係を築くにはどうしたら良いのでしょうか?

アライヴンビジネスの「伝え方」で大事にしたい3つのポイントとは?

アライヴンビジネスの「伝え方」の工夫

アライヴンビジネスにネガティブなイメージを持っている人たちの先入観を取り除くことは正直難しいです。

手当たりしだいに周りの人に伝えても、「違法なねずみ講」との違いを説明するだけで疲れてしまいます。

そこで、発想を変えて、悩みを抱えている人へその人の「ためになる情報」を伝え続けることに集中することが大事です。

例えば、肌トラブルを抱えている友人がいたら、表面的な化粧品の情報よりも、腸をデトックスして体の中から綺麗にする方法などを伝える。

ネットワークビジネスのディストリビューターは、会社主催の健康セミナーなどでたくさんの情報を得ているのでその内容をそのまま、トラブルを抱えている人に伝えてあげることができます。

とにかく、最初は相手の悩みの解決策を伝えることに集中すること。

そこから次に繋がるはずです。

アライヴンについての自分の体験の「伝え方」

アライヴンビジネスを伝えたいと思ったとき、自分ではなく相手に主体性を持たせることも大事です。

「相手にとって価値ある情報」を伝え続け、どうするかは本人に任せる。

このとき、「なぜ自分がアライヴンビジネスを始めようと思ったのか」、

「実際にアライヴンに取り組んでみて、どんな成長があったのか」

について事実を淡々と伝えることが大切だと思います。

アライヴンビジネスに取り組んで、美容と健康が手に入り、その先に自分らしく自由な生き方ができたことを真摯に伝える。

シンプルにアライヴンビジネスの付加価値の真実を伝え、判断は相手に任せることが重要です。

決して、無理にセミナーへ誘わない。

経験は共感を呼び、人の心を動かします。

ですから自身の体験を伝える努力が必要です。

自分の体験に共感してもらえれば、相手から信頼を得ることができます。

【経験者必見】勧誘しない最新ネットワークビジネス集客術公開!

信頼関係を築くためのアライヴンの「伝え方」

アライヴンビジネスを伝えたい相手に、「相手にとって価値ある情報」を与え続けていけば自然と信頼関係が生まれてきます。

アライヴンビジネスの商品のデモやマーケティングプランの説明のスキルを高めるよりも、何よりも、相手にとって「信頼される人」になることの方が大事です。

相手との関係に信頼関係がなければ、伝えたいことが思うように伝わりません。

自分のこれまでの生い立ちや現在の置かれている状況、将来の夢や人生観などを伝えて相手との距離を縮め、共感を呼び、徐々に信頼関係を築いていく。

そうすれば、相手からの信頼を勝ち得ることができます。

まとめ

アライヴンビジネスの「伝え方」で一番大事なことは、「相手の信頼を得る」ことです。

アライヴンビジネスに興味を持った相手が、ビジネスを始めようとした時に

■この人と一緒にビジネスをすると、楽しみながらできそうか?

■この人と一緒にビジネスをすると、親身に教えてくれそうか?

■この人と一緒にビジネスをすると、私は人間として成長できるか?

とあなたのことを信頼できるかどうか考えると思います。

ビジネスを共に取り組んでいく仲間となる人から信頼されるには、信頼される人になる努力も必要です。

相手から信頼を得るには、「自分が何をしたい」ではなく「相手の役に立つこと」を常に与え続けることが不可欠です。

「相手の役に立つこと」をしようと思うと、目先のテクニックだけでは通用しません。

重要なことは、自分とビジネス仲間との信頼関係の深さです。

困った時に助けたり、助けられたり、嬉しい時に一緒に喜びを分かち合えたり、悲しい時に一緒に泣ける、そのような深い人間関係を築くことができれば、自分の伝えたいことが伝わると思います。

「自分を成長させる」努力をし続け、信頼される人になることが、アライヴンビジネスの「伝え方」において一番大事な要素ではないでしょうか?

Source: 55歳からの副業のススメ

モリンダの「伝え方」で一番大事なこと!

モリンダビジネスの「伝え方」で一番大事なこと!

モリンダビジネスは、「人から人」へ価値を伝えていくビジネスです。

その「伝え方」を間違えると、あなたのモリンダビジネスはそこで終わってしまいます。

「モリンダビジネスは儲かるから、一緒にビジネスやろうよ」なんて言っては絶対にダメ。

これは昔の勧誘の仕方です。

「このサプリ、すごくいいよ〜」も、伝わりません。

モリンダの商品は、売ろうとすればするほど、売れません。

テレビCMや雑誌広告などもない商品を、日常的に使ってもらうには丁寧なコミュニケーションとそれによって生じる信頼関係が何よりも大切です。

モリンダビジネスの「伝え方」で大事なことは、相手にとって必要な情報を伝え続け「いかに信頼を勝ち得るか」ということです。

では、モリンダビジネスを伝えたい相手と信頼関係を築くにはどうしたら良いのでしょうか?

モリンダビジネスの「伝え方」で大事にしたい3つのポイントとは?

モリンダビジネスの「伝え方」の工夫

モリンダビジネスにネガティブなイメージを持っている人たちの先入観を取り除くことは正直難しいです。

手当たりしだいに周りの人に伝えても、「違法なねずみ講」との違いを説明するだけで疲れてしまいます。

そこで、発想を変えて、悩みを抱えている人へその人の「ためになる情報」を伝え続けることに集中することが大事です。

例えば、肌トラブルを抱えている友人がいたら、表面的な化粧品の情報よりも、腸をデトックスして体の中から綺麗にする方法などを伝える。

ネットワークビジネスのディストリビューターは、会社主催の健康セミナーなどでたくさんの情報を得ているのでその内容をそのまま、トラブルを抱えている人に伝えてあげることができます。

とにかく、最初は相手の悩みの解決策を伝えることに集中すること。

そこから次に繋がるはずです。

モリンダについての自分の体験の「伝え方」

モリンダビジネスを伝えたいと思ったとき、自分ではなく相手に主体性を持たせることも大事です。

「相手にとって価値ある情報」を伝え続け、どうするかは本人に任せる。

このとき、「なぜ自分がモリンダビジネスを始めようと思ったのか」、

「実際にモリンダに取り組んでみて、どんな成長があったのか」

について事実を淡々と伝えることが大切だと思います。

モリンダビジネスに取り組んで、美容と健康が手に入り、その先に自分らしく自由な生き方ができたことを真摯に伝える。

シンプルにモリンダビジネスの付加価値の真実を伝え、判断は相手に任せることが重要です。

決して、無理にセミナーへ誘わない。

経験は共感を呼び、人の心を動かします。

ですから自身の体験を伝える努力が必要です。

自分の体験に共感してもらえれば、相手から信頼を得ることができます。

【経験者必見】勧誘しない最新ネットワークビジネス集客術公開!

信頼関係を築くためのモリンダの「伝え方」

モリンダビジネスを伝えたい相手に、「相手にとって価値ある情報」を与え続けていけば自然と信頼関係が生まれてきます。

モリンダビジネスの商品のデモやマーケティングプランの説明のスキルを高めるよりも、何よりも、相手にとって「信頼される人」になることの方が大事です。

相手との関係に信頼関係がなければ、伝えたいことが思うように伝わりません。

自分のこれまでの生い立ちや現在の置かれている状況、将来の夢や人生観などを伝えて相手との距離を縮め、共感を呼び、徐々に信頼関係を築いていく。

そうすれば、相手からの信頼を勝ち得ることができます。

まとめ

モリンダビジネスの「伝え方」で一番大事なことは、「相手の信頼を得る」ことです。

モリンダビジネスに興味を持った相手が、ビジネスを始めようとした時に

■この人と一緒にビジネスをすると、楽しみながらできそうか?

■この人と一緒にビジネスをすると、親身に教えてくれそうか?

■この人と一緒にビジネスをすると、私は人間として成長できるか?

とあなたのことを信頼できるかどうか考えると思います。

ビジネスを共に取り組んでいく仲間となる人から信頼されるには、信頼される人になる努力も必要です。

相手から信頼を得るには、「自分が何をしたい」ではなく「相手の役に立つこと」を常に与え続けることが不可欠です。

「相手の役に立つこと」をしようと思うと、目先のテクニックだけでは通用しません。

重要なことは、自分とビジネス仲間との信頼関係の深さです。

困った時に助けたり、助けられたり、嬉しい時に一緒に喜びを分かち合えたり、悲しい時に一緒に泣ける、そのような深い人間関係を築くことができれば、自分の伝えたいことが伝わると思います。

「自分を成長させる」努力をし続け、信頼される人になることが、モリンダビジネスの「伝え方」において一番大事な要素ではないでしょうか?

Source: 55歳からの副業のススメ

ジュネスグローバルの「伝え方」で一番大事なこと!

ジュネスグローバルビジネスの「伝え方」で一番大事なこと!

ジュネスグローバルビジネスは、「人から人」へ価値を伝えていくビジネスです。

その「伝え方」を間違えると、あなたのジュネスグローバルビジネスはそこで終わってしまいます。

「ジュネスグローバルビジネスは儲かるから、一緒にビジネスやろうよ」なんて言っては絶対にダメ。

これは昔の勧誘の仕方です。

「このサプリ、すごくいいよ〜」も、伝わりません。

ジュネスグローバルの商品は、売ろうとすればするほど、売れません。

テレビCMや雑誌広告などもない商品を、日常的に使ってもらうには丁寧なコミュニケーションとそれによって生じる信頼関係が何よりも大切です。

ジュネスグローバルビジネスの「伝え方」で大事なことは、相手にとって必要な情報を伝え続け「いかに信頼を勝ち得るか」ということです。

では、ジュネスグローバルビジネスを伝えたい相手と信頼関係を築くにはどうしたら良いのでしょうか?

ジュネスグローバルビジネスの「伝え方」で大事にしたい3つのポイントとは?

ジュネスグローバルビジネスの「伝え方」の工夫

ジュネスグローバルビジネスにネガティブなイメージを持っている人たちの先入観を取り除くことは正直難しいです。

手当たりしだいに周りの人に伝えても、「違法なねずみ講」との違いを説明するだけで疲れてしまいます。

そこで、発想を変えて、悩みを抱えている人へその人の「ためになる情報」を伝え続けることに集中することが大事です。

例えば、肌トラブルを抱えている友人がいたら、表面的な化粧品の情報よりも、腸をデトックスして体の中から綺麗にする方法などを伝える。

ネットワークビジネスのディストリビューターは、会社主催の健康セミナーなどでたくさんの情報を得ているのでその内容をそのまま、トラブルを抱えている人に伝えてあげることができます。

とにかく、最初は相手の悩みの解決策を伝えることに集中すること。

そこから次に繋がるはずです。

ジュネスグローバルについての自分の体験の「伝え方」

ジュネスグローバルビジネスを伝えたいと思ったとき、自分ではなく相手に主体性を持たせることも大事です。

「相手にとって価値ある情報」を伝え続け、どうするかは本人に任せる。

このとき、「なぜ自分がジュネスグローバルビジネスを始めようと思ったのか」、

「実際にジュネスグローバルに取り組んでみて、どんな成長があったのか」

について事実を淡々と伝えることが大切だと思います。

ジュネスグローバルビジネスに取り組んで、美容と健康が手に入り、その先に自分らしく自由な生き方ができたことを真摯に伝える。

シンプルにジュネスグローバルビジネスの付加価値の真実を伝え、判断は相手に任せることが重要です。

決して、無理にセミナーへ誘わない。

経験は共感を呼び、人の心を動かします。

ですから自身の体験を伝える努力が必要です。

自分の体験に共感してもらえれば、相手から信頼を得ることができます。

【経験者必見】勧誘しない最新ネットワークビジネス集客術公開!

信頼関係を築くためのジュネスグローバルの「伝え方」

ジュネスグローバルビジネスを伝えたい相手に、「相手にとって価値ある情報」を与え続けていけば自然と信頼関係が生まれてきます。

ジュネスグローバルビジネスの商品のデモやマーケティングプランの説明のスキルを高めるよりも、何よりも、相手にとって「信頼される人」になることの方が大事です。

相手との関係に信頼関係がなければ、伝えたいことが思うように伝わりません。

自分のこれまでの生い立ちや現在の置かれている状況、将来の夢や人生観などを伝えて相手との距離を縮め、共感を呼び、徐々に信頼関係を築いていく。

そうすれば、相手からの信頼を勝ち得ることができます。

まとめ

ジュネスグローバルビジネスの「伝え方」で一番大事なことは、「相手の信頼を得る」ことです。

ジュネスグローバルビジネスに興味を持った相手が、ビジネスを始めようとした時に

■この人と一緒にビジネスをすると、楽しみながらできそうか?

■この人と一緒にビジネスをすると、親身に教えてくれそうか?

■この人と一緒にビジネスをすると、私は人間として成長できるか?

とあなたのことを信頼できるかどうか考えると思います。

ビジネスを共に取り組んでいく仲間となる人から信頼されるには、信頼される人になる努力も必要です。

相手から信頼を得るには、「自分が何をしたい」ではなく「相手の役に立つこと」を常に与え続けることが不可欠です。

「相手の役に立つこと」をしようと思うと、目先のテクニックだけでは通用しません。

重要なことは、自分とビジネス仲間との信頼関係の深さです。

困った時に助けたり、助けられたり、嬉しい時に一緒に喜びを分かち合えたり、悲しい時に一緒に泣ける、そのような深い人間関係を築くことができれば、自分の伝えたいことが伝わると思います。

「自分を成長させる」努力をし続け、信頼される人になることが、ジュネスグローバルビジネスの「伝え方」において一番大事な要素ではないでしょうか?

Source: 55歳からの副業のススメ

ライフバンテージの「伝え方」で一番大事なこと!

ライフバンテージビジネスの「伝え方」で一番大事なこと!

ライフバンテージビジネスは、「人から人」へ価値を伝えていくビジネスです。

その「伝え方」を間違えると、あなたのライフバンテージビジネスはそこで終わってしまいます。

「ライフバンテージビジネスは儲かるから、一緒にビジネスやろうよ」なんて言っては絶対にダメ。

これは昔の勧誘の仕方です。

「このサプリ、すごくいいよ〜」も、伝わりません。

ライフバンテージの商品は、売ろうとすればするほど、売れません。

テレビCMや雑誌広告などもない商品を、日常的に使ってもらうには丁寧なコミュニケーションとそれによって生じる信頼関係が何よりも大切です。

ライフバンテージビジネスの「伝え方」で大事なことは、相手にとって必要な情報を伝え続け「いかに信頼を勝ち得るか」ということです。

では、ライフバンテージビジネスを伝えたい相手と信頼関係を築くにはどうしたら良いのでしょうか?

ライフバンテージビジネスの「伝え方」で大事にしたい3つのポイントとは?

ライフバンテージビジネスの「伝え方」の工夫

ライフバンテージビジネスにネガティブなイメージを持っている人たちの先入観を取り除くことは正直難しいです。

手当たりしだいに周りの人に伝えても、「違法なねずみ講」との違いを説明するだけで疲れてしまいます。

そこで、発想を変えて、悩みを抱えている人へその人の<strong><span class=”marker”>「ためになる情報」</span></strong>を伝え続けることに集中することが大事です。

例えば、肌トラブルを抱えている友人がいたら、表面的な化粧品の情報よりも、腸をデトックスして体の中から綺麗にする方法などを伝える。

ネットワークビジネスのディストリビューターは、会社主催の健康セミナーなどでたくさんの情報を得ているのでその内容をそのまま、トラブルを抱えている人に伝えてあげることができます。

とにかく、最初は相手の悩みの解決策を伝えることに集中すること。

そこから次に繋がるはずです。

ライフバンテージについての自分の体験の「伝え方」

ライフバンテージビジネスを伝えたいと思ったとき、自分ではなく相手に主体性を持たせることも大事です。

「相手にとって価値ある情報」を伝え続け、どうするかは本人に任せる。

このとき、「なぜ自分がライフバンテージビジネスを始めようと思ったのか」、

「実際にライフバンテージに取り組んでみて、どんな成長があったのか」

について事実を淡々と伝えることが大切だと思います。

ライフバンテージビジネスに取り組んで、美容と健康が手に入り、その先に自分らしく自由な生き方ができたことを真摯に伝える。

シンプルにライフバンテージビジネスの付加価値の真実を伝え、判断は相手に任せることが重要です。

決して、無理にセミナーへ誘わない。

経験は共感を呼び、人の心を動かします。

ですから自身の体験を伝える努力が必要です。

自分の体験に共感してもらえれば、相手から信頼を得ることができます。

【経験者必見】勧誘しない最新ネットワークビジネス集客術公開!

信頼関係を築くためのライフバンテージの「伝え方」

ライフバンテージビジネスを伝えたい相手に、「相手にとって価値ある情報」を与え続けていけば自然と信頼関係が生まれてきます。

ライフバンテージビジネスの商品のデモやマーケティングプランの説明のスキルを高めるよりも、何よりも、相手にとって「信頼される人」になることの方が大事です。

相手との関係に信頼関係がなければ、伝えたいことが思うように伝わりません。

自分のこれまでの生い立ちや現在の置かれている状況、将来の夢や人生観などを伝えて相手との距離を縮め、共感を呼び、徐々に信頼関係を築いていく。

そうすれば、相手からの信頼を勝ち得ることができます。

まとめ

ライフバンテージビジネスの「伝え方」で一番大事なことは、「相手の信頼を得る」ことです。

ライフバンテージビジネスに興味を持った相手が、ビジネスを始めようとした時に

■この人と一緒にビジネスをすると、楽しみながらできそうか?

■この人と一緒にビジネスをすると、親身に教えてくれそうか?

■この人と一緒にビジネスをすると、私は人間として成長できるか?

とあなたのことを信頼できるかどうか考えると思います。

ビジネスを共に取り組んでいく仲間となる人から信頼されるには、信頼される人になる努力も必要です。

相手から信頼を得るには、「自分が何をしたい」ではなく「相手の役に立つこと」を常に与え続けることが不可欠です。

「相手の役に立つこと」をしようと思うと、目先のテクニックだけでは通用しません。

重要なことは、自分とビジネス仲間との信頼関係の深さです。

困った時に助けたり、助けられたり、嬉しい時に一緒に喜びを分かち合えたり、悲しい時に一緒に泣ける、そのような深い人間関係を築くことができれば、自分の伝えたいことが伝わると思います。

「自分を成長させる」努力をし続け、信頼される人になることが、ライフバンテージビジネスの「伝え方」において一番大事な要素ではないでしょうか?

Source: 55歳からの副業のススメ

ハーバライフの「伝え方」で一番大事なこと!

ハーバライフビジネスの「伝え方」で一番大事なこと!

ハーバライフビジネスは、「人から人」へ価値を伝えていくビジネスです。

その「伝え方」を間違えると、あなたのハーバライフビジネスはそこで終わってしまいます。

「ハーバライフビジネスは儲かるから、一緒にビジネスやろうよ」なんて言っては絶対にダメ。

これは昔の勧誘の仕方です。

「このサプリ、すごくいいよ〜」も、伝わりません。

ハーバライフの商品は、売ろうとすればするほど、売れません。

テレビCMや雑誌広告などもない商品を、日常的に使ってもらうには丁寧なコミュニケーションとそれによって生じる信頼関係が何よりも大切です。

ハーバライフビジネスの「伝え方」で大事なことは、相手にとって必要な情報を伝え続け「いかに信頼を勝ち得るか」ということです。

では、ハーバライフビジネスを伝えたい相手と信頼関係を築くにはどうしたら良いのでしょうか?

ハーバライフビジネスの「伝え方」で大事にしたい3つのポイントとは?

ハーバライフビジネスの「伝え方」の工夫

ハーバライフビジネスにネガティブなイメージを持っている人たちの先入観を取り除くことは正直難しいです。

手当たりしだいに周りの人に伝えても、「違法なねずみ講」との違いを説明するだけで疲れてしまいます。

そこで、発想を変えて、悩みを抱えている人へその人の<strong><span class=”marker”>「ためになる情報」</span></strong>を伝え続けることに集中することが大事です。

例えば、肌トラブルを抱えている友人がいたら、表面的な化粧品の情報よりも、腸をデトックスして体の中から綺麗にする方法などを伝える。

ネットワークビジネスのディストリビューターは、会社主催の健康セミナーなどでたくさんの情報を得ているのでその内容をそのまま、トラブルを抱えている人に伝えてあげることができます。

とにかく、最初は相手の悩みの解決策を伝えることに集中すること。

そこから次に繋がるはずです。

ハーバライフについての自分の体験の「伝え方」

ハーバライフビジネスを伝えたいと思ったとき、自分ではなく相手に主体性を持たせることも大事です。

「相手にとって価値ある情報」を伝え続け、どうするかは本人に任せる。

このとき、「なぜ自分がハーバライフビジネスを始めようと思ったのか」、

「実際にハーバライフに取り組んでみて、どんな成長があったのか」

について事実を淡々と伝えることが大切だと思います。

ハーバライフビジネスに取り組んで、美容と健康が手に入り、その先に自分らしく自由な生き方ができたことを真摯に伝える。

シンプルにハーバライフビジネスの付加価値の真実を伝え、判断は相手に任せることが重要です。

決して、無理にセミナーへ誘わない。

経験は共感を呼び、人の心を動かします。

ですから自身の体験を伝える努力が必要です。

自分の体験に共感してもらえれば、相手から信頼を得ることができます。

【経験者必見】勧誘しない最新ネットワークビジネス集客術公開!

信頼関係を築くためのハーバライフの「伝え方」

ハーバライフビジネスを伝えたい相手に、「相手にとって価値ある情報」を与え続けていけば自然と信頼関係が生まれてきます。

ハーバライフビジネスの商品のデモやマーケティングプランの説明のスキルを高めるよりも、何よりも、相手にとって「信頼される人」になることの方が大事です。

相手との関係に信頼関係がなければ、伝えたいことが思うように伝わりません。

自分のこれまでの生い立ちや現在の置かれている状況、将来の夢や人生観などを伝えて相手との距離を縮め、共感を呼び、徐々に信頼関係を築いていく。

そうすれば、相手からの信頼を勝ち得ることができます。

まとめ

ハーバライフビジネスの「伝え方」で一番大事なことは、「相手の信頼を得る」ことです。

ハーバライフビジネスに興味を持った相手が、ビジネスを始めようとした時に

■この人と一緒にビジネスをすると、楽しみながらできそうか?

■この人と一緒にビジネスをすると、親身に教えてくれそうか?

■この人と一緒にビジネスをすると、私は人間として成長できるか?

とあなたのことを信頼できるかどうか考えると思います。

ビジネスを共に取り組んでいく仲間となる人から信頼されるには、信頼される人になる努力も必要です。

相手から信頼を得るには、「自分が何をしたい」ではなく「相手の役に立つこと」を常に与え続けることが不可欠です。

「相手の役に立つこと」をしようと思うと、目先のテクニックだけでは通用しません。

重要なことは、自分とビジネス仲間との信頼関係の深さです。

困った時に助けたり、助けられたり、嬉しい時に一緒に喜びを分かち合えたり、悲しい時に一緒に泣ける、そのような深い人間関係を築くことができれば、自分の伝えたいことが伝わると思います。

「自分を成長させる」努力をし続け、信頼される人になることが、ハーバライフビジネスの「伝え方」において一番大事な要素ではないでしょうか?

Source: 55歳からの副業のススメ

フォーデイズの「伝え方」で一番大事なこと!

フォーデイズビジネスの「伝え方」で一番大事なこと!

フォーデイズビジネスは、「人から人」へ価値を伝えていくビジネスです。

その「伝え方」を間違えると、あなたのフォーデイズビジネスはそこで終わってしまいます。

「フォーデイズビジネスは儲かるから、一緒にビジネスやろうよ」なんて言っては絶対にダメ。

これは昔の勧誘の仕方です。

「このサプリ、すごくいいよ〜」も、伝わりません。

フォーデイズの商品は、売ろうとすればするほど、売れません。

テレビCMや雑誌広告などもない商品を、日常的に使ってもらうには丁寧なコミュニケーションとそれによって生じる信頼関係が何よりも大切です。

フォーデイズビジネスの「伝え方」で大事なことは、相手にとって必要な情報を伝え続け「いかに信頼を勝ち得るか」ということです。

では、フォーデイズビジネスを伝えたい相手と信頼関係を築くにはどうしたら良いのでしょうか?

フォーデイズビジネスの「伝え方」で大事にしたい3つのポイントとは?

フォーデイズビジネスの「伝え方」の工夫

フォーデイズビジネスにネガティブなイメージを持っている人たちの先入観を取り除くことは正直難しいです。

手当たりしだいに周りの人に伝えても、「違法なねずみ講」との違いを説明するだけで疲れてしまいます。

そこで、発想を変えて、悩みを抱えている人へその人の「ためになる情報」を伝え続けることに集中することが大事です。

例えば、肌トラブルを抱えている友人がいたら、表面的な化粧品の情報よりも、腸をデトックスして体の中から綺麗にする方法などを伝える。

ネットワークビジネスのディストリビューターは、会社主催の健康セミナーなどでたくさんの情報を得ているのでその内容をそのまま、トラブルを抱えている人に伝えてあげることができます。

とにかく、最初は相手の悩みの解決策を伝えることに集中すること。

そこから次に繋がるはずです。

フォーデイズについての自分の体験の「伝え方」

フォーデイズビジネスを伝えたいと思ったとき、自分ではなく相手に主体性を持たせることも大事です。

「相手にとって価値ある情報」を伝え続け、どうするかは本人に任せる。

このとき、「なぜ自分がフォーデイズビジネスを始めようと思ったのか」、

「実際にフォーデイズに取り組んでみて、どんな成長があったのか」

について事実を淡々と伝えることが大切だと思います。

フォーデイズビジネスに取り組んで、美容と健康が手に入り、その先に自分らしく自由な生き方ができたことを真摯に伝える。

シンプルにフォーデイズビジネスの付加価値の真実を伝え、判断は相手に任せることが重要です。

決して、無理にセミナーへ誘わない。

経験は共感を呼び、人の心を動かします。

ですから自身の体験を伝える努力が必要です。

自分の体験に共感してもらえれば、相手から信頼を得ることができます。

【経験者必見】勧誘しない最新ネットワークビジネス集客術公開!

信頼関係を築くためのフォーデイズの「伝え方」

フォーデイズビジネスを伝えたい相手に、「相手にとって価値ある情報」を与え続けていけば自然と信頼関係が生まれてきます。

フォーデイズビジネスの商品のデモやマーケティングプランの説明のスキルを高めるよりも、何よりも、相手にとって「信頼される人」になることの方が大事です。

相手との関係に信頼関係がなければ、伝えたいことが思うように伝わりません。

自分のこれまでの生い立ちや現在の置かれている状況、将来の夢や人生観などを伝えて相手との距離を縮め、共感を呼び、徐々に信頼関係を築いていく。

そうすれば、相手からの信頼を勝ち得ることができます。

まとめ

フォーデイズビジネスの「伝え方」で一番大事なことは、「相手の信頼を得る」ことです。

フォーデイズビジネスに興味を持った相手が、ビジネスを始めようとした時に

■この人と一緒にビジネスをすると、楽しみながらできそうか?

■この人と一緒にビジネスをすると、親身に教えてくれそうか?

■この人と一緒にビジネスをすると、私は人間として成長できるか?

とあなたのことを信頼できるかどうか考えると思います。

ビジネスを共に取り組んでいく仲間となる人から信頼されるには、信頼される人になる努力も必要です。

相手から信頼を得るには、「自分が何をしたい」ではなく「相手の役に立つこと」を常に与え続けることが不可欠です。

「相手の役に立つこと」をしようと思うと、目先のテクニックだけでは通用しません。

重要なことは、自分とビジネス仲間との信頼関係の深さです。

困った時に助けたり、助けられたり、嬉しい時に一緒に喜びを分かち合えたり、悲しい時に一緒に泣ける、そのような深い人間関係を築くことができれば、自分の伝えたいことが伝わると思います。

「自分を成長させる」努力をし続け、信頼される人になることが、フォーデイズビジネスの「伝え方」において一番大事な要素ではないでしょうか?

Source: 55歳からの副業のススメ

三基商事ビジネスの「伝え方」で一番大事なこと!

三基商事ビジネスの「伝え方」で一番大事なこと!

三基商事ビジネスは、「人から人」へ価値を伝えていくビジネスです。

その「伝え方」を間違えると、あなたの三基商事ビジネスはそこで終わってしまいます。

「三基商事ビジネスは儲かるから、一緒にビジネスやろうよ」なんて言っては絶対にダメ。

これは昔の勧誘の仕方です。

「このサプリ、すごくいいよ〜」も、伝わりません。

三基商事の商品は、売ろうとすればするほど、売れません。

テレビCMや雑誌広告などもない商品を、日常的に使ってもらうには丁寧なコミュニケーションとそれによって生じる信頼関係が何よりも大切です。

三基商事ビジネスの「伝え方」で大事なことは、相手にとって必要な情報を伝え続け「いかに信頼を勝ち得るか」ということです。

では、三基商事ビジネスを伝えたい相手と信頼関係を築くにはどうしたら良いのでしょうか?

三基商事ビジネスの「伝え方」で大事にしたい3つのポイントとは?

三基商事ビジネスの「伝え方」の工夫

三基商事ビジネスにネガティブなイメージを持っている人たちの先入観を取り除くことは正直難しいです。

手当たりしだいに周りの人に伝えても、「違法なねずみ講」との違いを説明するだけで疲れてしまいます。

そこで、発想を変えて、悩みを抱えている人へその人の「ためになる情報」を伝え続けることに集中することが大事です。

例えば、肌トラブルを抱えている友人がいたら、表面的な化粧品の情報よりも、腸をデトックスして体の中から綺麗にする方法などを伝える。

ネットワークビジネスのディストリビューターは、会社主催の健康セミナーなどでたくさんの情報を得ているのでその内容をそのまま、トラブルを抱えている人に伝えてあげることができます。

とにかく、最初は相手の悩みの解決策を伝えることに集中すること。

そこから次に繋がるはずです。

三基商事についての自分の体験の「伝え方」

三基商事ビジネスを伝えたいと思ったとき、自分ではなく相手に主体性を持たせることも大事です。

「相手にとって価値ある情報」を伝え続け、どうするかは本人に任せる。

このとき、「なぜ自分が三基商事ビジネスを始めようと思ったのか」、

「実際に三基商事に取り組んでみて、どんな成長があったのか」

について事実を淡々と伝えることが大切だと思います。

三基商事ビジネスに取り組んで、美容と健康が手に入り、その先に自分らしく自由な生き方ができたことを真摯に伝える。

シンプルに三基商事ビジネスの付加価値の真実を伝え、判断は相手に任せることが重要です。

決して、無理にセミナーへ誘わない。

経験は共感を呼び、人の心を動かします。

ですから自身の体験を伝える努力が必要です。

自分の体験に共感してもらえれば、相手から信頼を得ることができます。

【経験者必見】勧誘しない最新ネットワークビジネス集客術公開!

信頼関係を築くための三基商事の「伝え方」

三基商事ビジネスを伝えたい相手に、「相手にとって価値ある情報」を与え続けていけば自然と信頼関係が生まれてきます。

三基商事ビジネスの商品のデモやマーケティングプランの説明のスキルを高めるよりも、何よりも、相手にとって「信頼される人」になることの方が大事です。

相手との関係に信頼関係がなければ、伝えたいことが思うように伝わりません。

自分のこれまでの生い立ちや現在の置かれている状況、将来の夢や人生観などを伝えて相手との距離を縮め、共感を呼び、徐々に信頼関係を築いていく。

そうすれば、相手からの信頼を勝ち得ることができます。

まとめ

三基商事ビジネスの「伝え方」で一番大事なことは、「相手の信頼を得る」ことです。

三基商事ビジネスに興味を持った相手が、ビジネスを始めようとした時に

■この人と一緒にビジネスをすると、楽しみながらできそうか?

■この人と一緒にビジネスをすると、親身に教えてくれそうか?

■この人と一緒にビジネスをすると、私は人間として成長できるか?

とあなたのことを信頼できるかどうか考えると思います。

ビジネスを共に取り組んでいく仲間となる人から信頼されるには、信頼される人になる努力も必要です。

相手から信頼を得るには、「自分が何をしたい」ではなく「相手の役に立つこと」を常に与えることが不可欠です。

「相手の役に立つこと」をしようと思うと、目先のテクニックだけでは通用しません。

重要なことは、自分とビジネス仲間との信頼関係の深さです。

困った時に助けたり、助けられたり、嬉しい時に一緒に喜びを分かち合えたり、悲しい時に一緒に泣ける、そのような深い人間関係を築くことができれば、自分の伝えたいことが伝わると思います。

「自分を成長させる」努力をし続け、信頼される人になることが、三基商事ビジネスの「伝え方」において一番大事な要素ではないでしょうか?

Source: 55歳からの副業のススメ

友人からアリックスに勧誘された!友人を失くさない断り方とは?

 

アリックスとはネットワークビジネスの会社です。

アリックスに限らず、ネットワークビジネスの勧誘を

一度は受けたことがある方も多いのではないでしょうか?

ネットワークビジネスの勧誘はある日突然やってくるものです。

だいたい自分の親しい友達から日常の中で起こります。

そしてあなたにアリックスのビジネスを始めるつもりでないとしたら、

あなたはどう言って友達からアリックスの勧誘を断ればよいか、悩むことでしょう。

アリックスに限らずネットワークビジネスでは断り方次第では、

友達との縁が切れてしまうこともあるとか・・・

そんなアリックスの実態の失態について調査しました。

アリックスの勧誘方法とは?

アリックスの勧誘の方法はいたってシンプルです。
口コミで紹介活動をしていきます。
まず、ターゲットをリストアップすることから始まります。
そのリストから
・ビジネスに向いていそうな人
・人脈が多い人
を中心に声を掛けていきます。

そして、電話でアポを取って、セミナーに連れて行きます。
慣れてない始めたての人にはABCと言って、口コミに慣れているベテランの人に見込み客を連れて行き、勧誘をしてもらうのです。

アリックスの人脈の広げ方とは?

アリックスビジネスの人脈の広げ方ですが、通常ですと知人や友人、親戚ではそんなに多くは誘えません。
リストアップするときに、さらにターゲットを絞ります。
・給料に不満がある人
・起業や独立を考えている人
・将来に不安がある人
・子育てで働けない主婦層
・年金だけでは生活できない高齢者

こういった方々に焦点を当てて、アリックスの素晴らしさを伝えていきます。

「権利収入で解決出来ますよ!」

と勧誘していくのです。
また、SNSなどfacebookでも紹介活動は出来ますね。
今はネットの時代ですから、営業のように電話してアポを取るより、SNSはとても有効です。

アリックスの組織の作り方

ネットワークビジネスはとても誤解されやすいです。
勧誘するにしてもネズミ講などと言って一蹴されてしまう可能性もあります。
MLMは友人を失くすと言われるのはよく聞く話なので、ネットワークビジネスに批判的な人はターゲットから外しましょう。
無理に勧誘してはいけませんね。
アポを取るときもちゃんとネットワークビジネスの話がしたいと事前に告なければいけないので注意しましょう。
同じ価値観があり、ビジネスに理解のある人を勧誘していくと組織がより強くなるでしょう。

アリックスに誘われても友人をなくさない断り方は?

アリックスのビジネスは、ネットワークビジネス。

ネットワークビジネスの魅力はいわゆる権利収入であり、不労所得で、

人生を豊かにする可能性があります。

しかしそんなに単純ではありません。
まだまだ世間的にネットワークビジネスは悪いイメージを持たれがちですが、

評判の悪い悪徳マルチとも違います。

まともな理念のあるビジネスです。

しかし、友人にアリックスに誘われているけど、なかなか踏み切れない方もいるでしょう。

親しい友人からのお誘いだから、断りにくい、、、

でも勧誘を口コミで行なうアリックスでは、そのマインドでの成功は難しいかもしれません。

ネットワークビジネスで成功するには、しっかりとした目的や稼ぐというマインドも必要だからです。

事実、口コミ勧誘で上手くいってない人は多いのです。
興味のない人を勧誘しても意味ないですよね?
そこを理解してない人が失敗していきます。

友人はあたたにメリットばかりを言うかもしれませんが、

よく考え、無理だと思ったらメールでも、電話でももちろん直接会ってでも、

丁寧にお断りしましょう。

友人からの誘いでアリックスビジネスを始めたけれど、

結局成功できなかったら、その時こそ友人との縁は切れてしまうかもしれません。

自分に自信がない、無理だと思ったら、

アリックスに限らずネットワークビジネスには興味がないと

ハッキリとした断り方をした方が友人を失くすことにはならないでしょう。

まとめ

アリックスなどネットワークビジネスに友人から勧誘されても、その会社や製品、報酬プラン、勧誘方法など自分で理解した上で、ビジネスを始めることが大切です。

ネットワークビジネスは知人や友人ではなく、興味のある人に向け、展開しなければ意味がありません。
そして、成功には正しい知識とノウハウが必要です。

友人からの勧誘に流されてビジネスを始めて後のち友人を失くすことより、

曖昧な断り方をするより、ハッリとした断り方の方が、

あなたと友人との関係は壊れないと思います。

あなたの口コミ勧誘は間違っている!秘密の成功法を教えます!

Source: 50代主婦が夫の定年までに自立できる勧誘しないMLM成功法!

Source: 55歳からの副業のススメ

アムウェイビジネスの「伝え方」で一番大事なこと!

アムウェイビジネスの「伝え方」で一番大事なこと!

アムウェイビジネスは、「人から人」へ価値を伝えていくビジネスです。

その「伝え方」を間違えると、あなたのアムウェイビジネスはそこで終わってしまいます。

「アムウェイビジネスは儲かるから、一緒にビジネスやろうよ」なんて言っては絶対にダメ。

これは昔の勧誘の仕方です。

「このサプリ、すごくいいよ〜」も、伝わりません。

アムウェイの商品は、売ろうとすればするほど、売れません。

テレビCMや雑誌広告などもない商品を、日常的に使ってもらうには丁寧なコミュニケーションとそれによって生じる信頼関係が何よりも大切です。

アムウェイビジネスの「伝え方」で大事なことは、相手にとって必要な情報を伝え続け「いかに信頼を勝ち得るか」ということです。

では、アムウェイビジネスを伝えたい相手と信頼関係を築くにはどうしたら良いのでしょうか?

アムウェイビジネスの「伝え方」で大事にしたい3つのポイントとは?

アムウェイビジネスの「伝え方」の工夫

アムウェイビジネスにネガティブなイメージを持っている人たちの先入観を取り除くことは正直難しいです。

手当たりしだいに周りの人に伝えても、「違法なねずみ講」との違いを説明するだけで疲れてしまいます。

そこで、発想を変えて、悩みを抱えている人へその人の「ためになる情報」を伝え続けることに集中することが大事です。

例えば、肌トラブルを抱えている友人がいたら、表面的な化粧品の情報よりも、腸をデトックスして体の中から綺麗にする方法などを伝える。

ネットワークビジネスのディストリビューターは、会社主催の健康セミナーなどでたくさんの情報を得ているのでその内容をそのまま、トラブルを抱えている人に伝えてあげることができます。

とにかく、最初は相手の悩みの解決策を伝えることに集中すること。

そこから次に繋がるはずです。

アムウェイについての自分の体験の「伝え方」

アムウェイビジネスを伝えたいと思ったとき、自分ではなく相手に主体性を持たせることも大事です。

「相手にとって価値ある情報」を伝え続け、どうするかは本人に任せる。

このとき、「なぜ自分がアムウェイビジネスを始めようと思ったのか」、

「実際にアムウェイに取り組んでみて、どんな成長があったのか」

について事実を淡々と伝えることが大切だと思います。

アムウェイビジネスに取り組んで、美容と健康が手に入り、その先に自分らしく自由な生き方ができたことを真摯に伝える。

シンプルにアムウェイビジネスの付加価値の真実を伝え、判断は相手に任せることが重要です。

決して、無理にセミナーへ誘わない。

経験は共感を呼び、人の心を動かします。

ですから自身の体験を伝える努力が必要です。

自分の体験に共感してもらえれば、相手から信頼を得ることができます。

【経験者必見】勧誘しない最新ネットワークビジネス集客術公開!

信頼関係を築くためのアムウェイの「伝え方」

アムウェイビジネスを伝えたい相手に、「相手にとって価値ある情報」を与え続けていけば自然と信頼関係が生まれてきます。

アムウェイビジネスの商品のデモやマーケティングプランの説明のスキルを高めるよりも、何よりも、相手にとって「信頼される人」になることの方が大事です。

相手との関係に信頼関係がなければ、伝えたいことが思うように伝わりません。

自分のこれまでの生い立ちや現在の置かれている状況、将来の夢や人生観などを伝えて相手との距離を縮め、共感を呼び、徐々に信頼関係を築いていく。

そうすれば、相手からの信頼を勝ち得ることができます。

まとめ

アムウェイビジネスの「伝え方」で一番大事なことは、「相手の信頼を得る」ことです。

アムウェイビジネスに興味を持った相手が、ビジネスを始めようとした時に

■この人と一緒にビジネスをすると、楽しみながらできそうか?

■この人と一緒にビジネスをすると、親身に教えてくれそうか?

■この人と一緒にビジネスをすると、私は人間として成長できるか?

とあなたのことを信頼できるかどうか考えると思います。

ビジネスを共に取り組んでいく仲間となる人から信頼されるには、信頼される人になる努力も必要です。

相手から信頼を得るには、「自分が何をしたい」ではなく「相手の役に立つこと」を常に与えることが不可欠です。

「相手の役に立つこと」をしようと思うと、目先のテクニックだけでは通用しません。

重要なことは、自分とビジネス仲間との信頼関係の深さです。

困った時に助けたり、助けられたり、嬉しい時に一緒に喜びを分かち合えたり、悲しい時に一緒に泣ける、そのような深い人間関係を築くことができれば、自分の伝えたいことが伝わると思います。

「自分を成長させる」努力をし続け、信頼される人になることが、アムウェイビジネスの「伝え方」において一番大事な要素ではないでしょうか?

Source: 55歳からの副業のススメ

ネットワークビジネスの「伝え方」で一番大事なこと!

ネットワークビジネスの「伝え方」で一番大事なこと!

ネットワークビジネスは、「人から人」へ価値を伝えていくビジネスです。

その「伝え方」を間違えると、あなたのネットワークビジネスはそこで終わってしまいます。

「ネットワークビジネスは儲かるから、一緒にビジネスやろうよ」なんて言っては絶対にダメ。

これは昔の勧誘の仕方です。

「このサプリ、すごくいいよ〜」も、伝わりません。

ネットワークビジネスの商品は、売ろうとすればするほど、売れません。

テレビCMや雑誌広告などもない商品を、日常的に使ってもらうには丁寧なコミュニケーションとそれによって生じる信頼関係が何よりも大切です。

ネットワークビジネスの「伝え方」で大事なことは、相手にとって必要な情報を伝え続け「いかに信頼を勝ち得るか」ということです。

では、ネットワークビジネスを伝えたい相手と信頼関係を築くにはどうしたら良いのでしょうか?

ネットワークビジネスの「伝え方」で大事にしたい3つのポイントとは?

ネットワークビジネスの「伝え方」の工夫

ネットワークビジネスにネガティブなイメージを持っている人たちの先入観を取り除くことは正直難しいです。

手当たりしだいに周りの人に伝えても、「違法なねずみ講」との違いを説明するだけで疲れてしまいます。

そこで、発想を変えて、悩みを抱えている人へその人のためになる情報を伝え続けることに集中することが大事です。

例えば、肌トラブルを抱えている友人がいたら、表面的な化粧品の情報よりも、腸をデトックスして体の中から綺麗にする方法などを伝える。

ディストリビューターは、会社主催の健康セミナーなどでたくさんの情報を得ているのでその内容をそのまま、トラブルを抱えている人に伝えてあげることができます。

とにかく、最初は相手の悩みの解決策を伝えることに集中すること。

そこから次に繋がるはずです。

ネットワークビジネスの自分の体験の「伝え方」

ネットワークビジネスを伝えたいと思ったとき、自分ではなく相手に主体性を持たせることも大事です。

「相手にとって価値ある情報」を伝え続け、どうするかは本人に任せる。

このとき、「なぜ自分がネットワークビジネスを始めようと思ったのか」、

「実際に取り組んでみて、どんな成長があったのか」

について事実を淡々と伝えることが大切だと思います。

ネットワークビジネスを取り組んで、美容と健康が手に入り、その先に自分らしく自由な生き方ができたことを真摯に伝える。

シンプルにネットワークビジネスの付加価値の真実を伝え、判断は相手に任せることが重要です。

決して、無理にセミナー参加へ誘わない。

経験は共感を呼び、人の心を動かします。

ですから自身の体験を伝える努力が必要です。

自分の体験に共感してもらえれば、相手から信頼を得ることができます。

【経験者必見】勧誘しない最新ネットワークビジネス集客術公開!

信頼関係を築くためのネットワークビジネスの「伝え方」

ネットワークビジネスを伝えたい相手に、「相手にとって価値ある情報」を与え続けていけば自然と信頼関係が生まれてきます。

ネットワークビジネスの商品のデモやマーケティングプランの説明のスキルを高めるよりも、何よりも、相手にとって「信頼される人」になることの方が大事です。

相手との関係に信頼関係がなければ、伝えたいことが思うように伝わりません。

自分のこれまでの生い立ちや現在の置かれている状況、将来の夢や人生観などを伝えて相手との距離を縮め、共感を呼び、徐々に信頼関係を築いていく。

そうすれば、相手からの信頼を勝ち得ることができます。

まとめ

ネットワークビジネスの「伝え方」で一番大事なことは、「相手の信頼を得る」ことです。

ネットワークビジネスに興味を持った相手が、ビジネスを始めようとした時に

■この人と一緒にビジネスをすると、楽しみながらできそうか?

■この人と一緒にビジネスをすると、親身に教えてくれそうか?

■この人と一緒にビジネスをすると、私は人間として成長できるか?

とあなたのことを信頼できるかどうか考えると思います。

ビジネスを共に取り組んでいく仲間となる人から信頼されるには、信頼される人になる努力も必要です。

相手から信頼を得るには、「自分が何をしたい」ではなく「相手の役に立つこと」を常に与えることが不可欠です。

「相手の役に立つこと」をしようと思うと、目先のテクニックだけでは通用しません。

重要なことは、自分とビジネス仲間との信頼関係の深さです。

困った時に助けたり、助けられたり、嬉しい時に一緒に喜びを分かち合えたり、悲しい時に一緒に泣ける、そのような深い人間関係を築くことができれば、自分の伝えたいことが伝わると思います。

「自分を成長させる」努力をし続け、信頼される人になることが、ネットワークビジネスの「伝え方」において一番大事な要素ではないでしょうか?

Source: 55歳からの副業のススメ

ベルセレージュの勧誘におすすめの本とは?

ベルセレージュビジネスの勧誘におすすめの本とは?

ベルセレージュビジネスを始めたばかりの初心者は、様々な困難にぶつかります。

そんな時に、役立つのがビジネス関連の書籍です。

ベルセレージュビジネスへ勧誘する際やビジネスの仕組みの伝え方に困った時におすすめです。

ベルセレージュ勧誘のお役立ち本人気ランキングベスト10

1位 「金持ち父さん貧乏父さん」 ロバート・キヨサキ

ベルセレージュビジネスを始める人のバイブルとも言われている本です。

自分が「お金のために働く」のではなく、「お金が自分のために働いてくれる」仕組みを作る大事さを教えてくれる本です。

勧誘したいお友達にぜひ貸してあげたい本ですね!

【金持ち父さんの6つの教え】

  1. お金のために働くな
  2. お金の流れの読み方を学べ
  3. 自分のビジネスを持て
  4. 会社を作って節税しろ
  5. お金を作り出せ
  6. 学ぶために働け
2位 「金持ち父さんのビジネススクール」 ロバート・キヨサキ

「金持ち父さん貧乏父さん」では、お金持ちと貧乏人の違いについてわかりやすく書いてありました。

今回の「金持ち父さんのビジネススクール」 では、MLMの8つの価値とリーダー論が書かれています。

【MLM8つの価値とは?】

  1. 本当に平等な機会である
  2. 人生を変えるビジネス教育である
  3. あなたを抑えつけるのではなく、引き上げてくれる友人たちができる
  4. ベルセレージュビジネスの価値とはフランチャイズ化した個人のネットワーク
  5. 最も重要なビジネススキルを持つことができる
  6. リーダーシップが身につく
  7. お金のために働かなくて良い
  8. 自分の夢を実現できる

ロバート・キヨサキ氏は、上記の8つの中で、一番価値があるのは「リーダーシップが身につくこと」だと強調しています。

ベルセレージュビジネスは、個人起業ビジネスであり、チームビジネスでもあります。

自分を磨きながら、リーダーシップの能力を身につけることができるビジネスだから価値があると語っています。

3位 「ネットワークビジネス 2×2=6」 ドン・フェイラ-

ネットワークビジネス2×2=6 改訂BEST版―あなたの“やり方”は間違っている

ネットワークビジネスの仕組みや可能性を伝える方法をとてもわかりやすく解説してあります。

ベルセレージュビジネスの会社でも通用するプレゼンテーションスキルです。

4位 「ネットワークビジネス9の罠(落とし穴)」 マイク・カキハラ

在米日本人のマイクカキハラさんが、ご自分のビジネス体験を元に書かれた本です。

ベルセレージュビジネスの勧誘の場面でありがちなオーバートークとその心理を解き明かしています。

ベルセレージュビジネスでマイクさんと同じ悩みを抱えている人へ向けての解決策が書かれています。

詳しくは、こちらの記事「ネットワークビジネス9つの嘘」をお読みください!

5位「金持ち父さんの21世紀のビジネス」 ロバート・キヨサキ

今後のネットワークビジネスの可能性や将来性についてわかりやすく書かれた本です。

最新の情報を取り入れながら、ネットワークビジネスの会社の選び方についても参考になります。

これからベルセレージュビジネスを始める人におすすめの本です。

【経験者必見】自分の周りからダウンが出せなくなったら勧誘しないMLMで再構築!

6位「現役トップリーダーが教える ネットワークビジネスパーフェクトマニュアル」 佐藤幸雄

ベルセレージュビジネスで成功するための秘訣が学べます。

ベルセレージュビジネスに偏見がある人へ読んでもらうと良い本です。

初心者からベテランの方まで役立つ本です。

6位「ドンとナンシーの何でも聞いて!」 ドン・ファイラ&ナンシー・フェイラ

ネットワークビジネスの本場、アメリカで一番有名なネットワーカーのドン&ナンシーの講演やセミナーの中から、日本のディストリビューターに有益と思われる語録をまとめてあります。

Q&A形式になっているので読みやすいです。

7位「ネットワークビジネス Q&A×99 」 ドン・フェイラ

ベルセレージュビジネスで成功するための「行動」「考え方」「モチベーション」が学べる本。

小手先のテクニックではなく、取り組む人間の資質が大事ということが強調されています。

2×2=6とセットで読むと良いですね!

8位「次代を担うネットワークビジネス」 前田 雄吉

著者の前田雄吉さんは、現職の衆議院議員です。

「現職の国会議員がネットワークビジネスを推奨している」ということで話題になりました。

まだ、ベルセレージュビジネスに昔の怪しいイメージを持っている人におすすめしてあげると良い本ですね。

9位「舩井幸雄氏からの遺言/21世紀はMLMの時代です!」 船井幸雄

経営の神様と呼ばれた船井幸雄氏も「ネットワークビジネス」は、これからの新しいマーケティング手法になると評価している本です。

経営の神様もネットワークビジネスの有効性や必要性を強調しているので、ベルセレージュビジネスに対して希望が持てる本です。

10位 「成功の9ステップ」 ジェームス・スキナー

あなたの夢を現実化させる成功の9ステップ (幻冬舎文庫)

ベルセレージュビジネス関連の本ではないですが、やはり成功哲学の本です。

ビジネス書には珍しく、健康や食事について語られています。

「体の健康なくして本当の成功はなし」

真の成功するための方法が具体的に書かれている本です。

ベルセレージュビジネスに関係なく、向上心の強い友達に勧めてあげても良いですね!

まとめ

ベルセレージュへの勧誘に役立つ本は、すべて自分をバージョンアップさせるために役立ちます。

自分自身が読んで感動したら、その感動を一緒にビジネスをしたい友人・知人へ伝えることによって、勧誘の成功率も高まりそうです。

また、自分のグループの人たちとも本の内容を共有できれば、グループの活性化につながりますね!

Source: 55歳からの副業のススメ