アムウェイの鍋でつくる簡単レシピ

知人・友人誘わずインターネットで自動集客するネットワークビジネス!

嫁入り道具として叔母からプレゼントしてもらったアムウェイ

今も使っています。

当時の叔母はアムウェイアムウェイの洗剤、アムウェイの食品などなど口コミ、勧誘でたくさんの人たちに広めるという忙しい毎日をおくっていたようです。

私も何度か青年館でのアムウェイのセミナーに誘われたこともあります。

その当時もアムウェイは大勢の著名人がると、よく叔母からも話を聞かされた過去があります。

アムウェイを使い一緒に入っていたアムウェイレシピ本を見ながらその当時をよく思い出します。

アムウェイクィーンクックは無水鍋、ステンセス製の多重構造です。

私は一式もっているので、ものすごいアムウェイレシピの種類があります。

大・中・小と重ねて料理も出来るし、重ねてしまっておくことが出来便利です。

アムウェイは無水といっても、多少は水をいれています。

たとえば、ホウレンソウを水であらって、そのままに入れて塩をパラパラ

蓋をして3分くらいでゆであがります。

アムウェイの蓋はゆであがったホウレンソウを取りだしてのせれて

そのまま放置すことができて便利。

アムウェイレシピ本の中に「大根と鶏肉の韓国風煮込み」があり、

自分なりにちょっとアレンジしてよく作っています。

アムウェイのうち、フライパンに油少々を入れニンニク、生姜のスライスと

鶏肉(骨付きぶつ切りでもモモ一口大)を炒め、多めに塩コショウ。

そこに大きめに切った大根と鷹の爪1本の小口切りを入れて、大根に鶏肉の油が回る程度に炒めます。

そこに酒をザーーーーっと入れて、醤油もサーーーーっと入れて。

チキンブイヨンでもマギーブイヨンでもキューブを2個割り振っていれます。

あとはアムウェイの蓋をして20位、火は弱火です。

最後に味をみて、水溶き片栗粉を入れてとろみをつけて出来上がり!

アムウェイの火加減はいつでも弱火。

これがガス代を使わないですむという、叔母の口癖、

アムウェイお勧めポイントの一つだったと思います。

ネットワークビジネスを、完全在宅、寝ている間にダウンザクザク獲得方法!