ネットワークビジネス、クーリングオフを妨害された被害

インターネットで自動集客するネットワークビジネスなら、口コミ・勧誘不要です!

必ずもうかると言われて、高額な商材をムリヤリ買わされた。

ネットワークビジネス被害にあった人から良く聞かれる話です。

こちらも、明らかな法無視行為で、必ずもうかるなどという言葉を使っているのは、今どき、そんな人がいるのかとあきれかえってしまう勧誘方法です。

必ずもうかるとか、誰がやってももうかるという言葉は、まったく保証の限りではなく絶対に使用しては、ならないのは、今更言うまでもありません。

こういったものは、悪質キャッチ商法と何ら変わらないレベルのひどいものです。

ネットワークビジネスのセミナーに参加したら、何人もの人に囲まれて、契約を強要された被害

これも、ひと昔前のさんざんな批判をあびた手法で、ネットワークビジネスのまっとうなものでは、ありません。

集団心理や集団催眠のおどしつけるやり方に近いものです。

冷静になって、一歩引いて考えてみれば、なんだ、バカげているなと判断できるのに、集団の中では、思わず自分を見失い、まわりについ同調してしまう、そういった心のスキをついてくる、きわめて悪質なものです。

ローンを組まされて、後で思い直してクーリングオフをしようとしたが、様々な理由をつけて妨害されたという被害も。

みんなローンを組んで、最初は借金ヵら始めるんです。自分たちもそうでしたよなどとひとにぎりの成功者をあがめ奉っているような勧誘者が、中にはいます。

そういった人たちは、会員を増やせば、自分たちの収入になる、解約されたら、何にもならないと強烈に信じ込んでいますから、クーリングオフの妨害など日常のことです。

こちらが、色々な理由をあげても、対クーリングオフのマニュアルを持っていますから、そのいちいちに、もっともらしく反論して、言いのがれ、ゴマかすことなど平気で、堂々と反論してきます。

とても、ネットワークビジネスなどとは、言えない、時代おくれの悪質マルチ商法の会社がその実体だったりするのは、よくある例です。

友達勧誘することなく、自宅のパソコンで24時間興味のある人だけ自動集客する

完全在宅のネットワークビジネス!その集客法は→ここにあります