ネットワークビジネス、夢を語ってはいけない断り方

口コミ・勧誘不要な完全在宅のネットワークビジネスただ今進行中!

あなたがネットワークビジネスを勧められていて、もしそのネットワークビジネスに興味がなく、気が進まないようなら、ハッキリとし断り方で対応すべきです。

今の現状で自分は充分満足しているので、何の願望や夢も持っていない、

不満が生活上あっても、プライバシーだから、他人にうちあけることは、恥ずかしくて、出来ないと言った断り方がいいでしょう。

願望や夢、あるいは、不満や不安があるとでも、一言でも、もらそうものなら、

ネットワークビジネス側の人間は話をネットワークビジネスに持っていくことができるわけです。

特に前にも述べた勧誘時のABC手法によれば、ネットワークビジネスの熟練者Aは話のもって生き方は、強引には聞こえません。きわめてスムースにネットワークビジネスの話を展開していきます。

そうなったら、また次々と、ネットワークビジネスで成功した人の例をあげて、努力は当然、必要だが、自分たちもサポートする。必ず結果が出るとは限らないけれど、可能性はある。チャレンジだよ。けっしてウマイとかオイシイ話ではないことを伝えてきます。

決して間違ってはいませんから、納得させられ、自分でも出来るかもと思ってしまうかもしれませんが、ハッキリとした断り方をするようにしましよう。

そもそもあなたから、お願いして来てもらったのなら、ともかく、始めて会った知らない人に、その人が、どんなにエライ立派な人であろうとも、人の生活や感情にふみこんでくる権利は、ないはずですし、いきなり何かを勧誘してくる時点で、倫理的には間違っていることを認識してください。色々とツッコまれると、こちらには不利、向こうには有利になります。

ここまでくりともはやあなたは人質かなにか、監禁状態のような気分さえしてきますね。

怖い怖い!!

見知らぬ人からの勧誘と思ってきっぱりとした断り方で臨みましょう!

知人・友人勧誘せず、インターネットで自動集客、完全在宅ネットワークビジネス!

これなら断られる恐怖も心配も全く心配ご無用!!

今すぐこちらより無料マニュアル確認してください。