ネットワークビジネス、監禁状態での断り方

口コミ・勧誘不要、インターネットで自動集客するネットワークビジネス展開中

bannar word press

ネットワークビジネスでの勧誘時、知人に誘われてついていったら、とある一室に連れて行かれ、入ったまま、とくとくとネットワークビジネスを勧誘されて、帰りたくても帰らせてもらえなかったという友人が実際いましたが、このようなネットワークビジネスでの勧誘時の断り方はどうしたらよいのでしょう。

とにかく興味もないし、関心がわかないからいくらすすめてもムダだということをハッキリとした断り方がよいでしょう。

いざという時は席をたって帰りましょう。

ネットワークビジネスを勧める側の人間も自分もどちらもが、納得して帰るのが、そもそも不可能な場所に来ているのだと、自分に言い聞かせることです。

とりつく島を与えずに、無感情、無表情、無感動でいることの訓練だと思っておけば、間違いありません。

とにかく断り方としては、感情をよけいに持たないこと。何を言われても、表情に出さず、黙って平然としていること。

感情的になることは、ツケ入るスキを与えることになると思ってください。

自分に向けて、言われていることでも、まったく他人に向けて、知らない人が演説しているのだと思いましょう。

自分には関係のない、別な世界の出来事だと考えるのも有効的です。

ずっと断り方を、どうするか、それだけを考えていれば、良いわけです。

別れ際が気まずくならないように、そういった感情は、まともな人間なら、まともな社会人なら、そういった風に考えがちですが、考え方が、根本的にちがえば、分かりあえぬ、どうしても分かり合えぬ、何かが、それぞれにある場合、この限りではない。

そういった割り切り形もあるときには必要でしょう。

うまく断れる断り方の達人というのには、あいにく、私はまだ会ったことはありません。

それにしてもネットワークビジネスを勧誘されて迷惑をしている人が多すぎて

ネットワークビジネスを展開する者にとっては、少々残念な気持ちになります。

せっかく良い商品を、良いビジネスを知人・友人に教えてあげているのに、

なかなかそうとってくれないのがネットワークビジネスなのでしょうか。

インターネットで興味のある人を自動集客するネットワークビジネスなら、

口コミ・勧誘不要!断られる事もありません!

では一体どうやって自動集客するの?

それは完璧なマニュアルがこちらにあります→ここクリック