ネットワークビジネス勧誘時のABC手法

インターネットビジネス成功者トップ1%のやり方とその思考法!

240x150_d

 

ネットワークビジネス勧誘は、1人対1人ではなく、2人対1人の形が多いようです。

もちろん、あなたは1人の方です。

今、勧めている、あなたの知人・友人はあなた側の人間ではありません。

そんなような顔をして、座っていますが、違います。

連れてきた、あなたの今日初めて会う人の側の人間なのです。

勧誘中には、一時的に、あなた側の立場になって、話をしたりするふうに、見えるかもしれませんが、絶対に違うことは、肝にめいじておいて下さい。

こういった2人対1人のネットワークビジネス勧誘の際には、あなたにとって、今日初めて会う人の方が、やっかいなのは、想像がつくと思います。

人が、1人で説得できずに、2人で説得しようというとき、連れてくる助っ人が、弱いわけはないでしょう。

自分より、能力のある人を頼って、その頼れる人を連れてくるでしょう。

連れてこられる助っ人も心得ているでしょう。

こんなことは、立場を変えて考えてみれば、誰にでも、よく判る話です。

これは、口コミ重視のネットワークビジネスの世界では、よく知られた勧誘のABC手法にのっとって、すすめていこうというものです。

Aがあなたにとって、初めて会う人。

Bがここへあなたを連れてきた、知人、友人の人。

Cがあなたです。

3人の方がネットワークビジネス側に有利にすすめやすいということから、用いられるわけです。

これ以上、参加者が増えると、別の集まりになってしまうし、4~5人となると、誘われる側に、恐怖心や威圧感を与えるので、さけられており、3人がベストと言われています。

普通はネットワークビジネスというのはこのように勧誘することが前提なビジネス。

こんな勧誘のABC手法などと、大変面倒なビジネスなんですね。

でも、勧誘しないネットワークビジネスもあるんです。

インターネットを利用すれば、24時間自動集客出来るんです!!

これなら口コミも、勧誘もする必要がありません!

しかも寝ている間にダウンがザクザク!

しかも完全在宅ビジネス!!

始める必要がなければ結構ですが、

始めたければ→こちらをクリック!!!

240×240_c

コメント