ネットワークビジネス被害者にならないための得策は

口コミ・勧誘不要、インターネットで自動集客するネットワークビジネス展開中

ネットワークビジネス被害者にならないためには、とりひき上の事実の不告知と不実の告知ということを、よく知っておく必要があります。

事実の不告知とは、言うべきことを言っていないということ。

リスクがあることや、返品返金などの必要な情報を故意に伝えないということ。

不実の告知とは、ウソを言っている。ゴマカシをしていること。

こういった行為は禁止されていることであることは、言うまでもありませんが、キチンと守られていないことが、多いのも事実なのです。

きわめて、残念なことですが、ネットワークビジネス被害者を産み出す、加害者の立場の人たちの中には、たくさん儲けたいという金銭的欲望にとらわれてしまった結果、事実でないことを言ったり、伝えなければ、ならないことを、ハッキリと伝えなかったりすることが、あります。

または、上からノルマを課せられた会員が、早くそのノルマを達成するために、同じあやまちを犯す場合もあります。

上も、他の人だってやっているからと、自分が行うことを正当化してはいけないのです。

こういった実状を見て見ぬふりをしているのであろう会社にも、さらに問題がありますが、こういったあやまちの繰り返しが、ネットワークビジネス全体の評判を悪いものにしてしまうということを忘れてはならないのです。

残念ながら、こういった悪い考え方が、繰り返され、規制されということの繰り返しが、ネットワークビジネスの世界で、何十年もおこってきたことなのです。

一般的なモラルを充分持ちあわせているはずです。

それぞれが、個人事業主として、責任を持って活動すべきではないでしょうか。

もし本気でネットワークビジネスを始めようと思ったら、ネットワークビジネスでの失敗者にならないためにも、自分からそのネットワークビジネスの会社や、セミナーなどに参加して組織や自分にあったグループを探すこともネットワークビジネス被害者にならない得策といえるでしょう。

インターネットで自動集客するネットワークビジネスなら、

誰も勧誘する必要がありません!

こちら→完全なシステム閲覧可能