ネットワークビジネスには無関係、訪問販売の被害

完全在宅、口コミ、勧誘なし、夢のネットワークビジネス
悪質訪問販売の被害は多岐にわたっているようです。
ゴムひもや洗濯バサミを売っていたのは、昔々大昔の話であって、
現在では「布団のクリーニングの無料サービスです」というのをまにうけて、20万円以上の羽毛布団をクレジットで買ってしまった人。
下水のつまりの点検をしてあげましょうという販売員の言葉にのせられて、高額の洗浄機を買ってしまった人。
こういった被害は後をたちません。怖いですね~
中には物だけでなく、教材やサイドビジネスの会員になって夢を実現しましょうと洗脳商法まがいのものもあるといいます。
新時代のおしうり商法に対応するには次の事柄を忘れないようにすることが大事ではないでしょうか。
訪問販売の手口は巧妙になっています。
まずドアを開けずに対応することを決して忘れないこと。
そのドアが消費者を守るのですから。
そういった訪問販売員は販売のプロです。
いかにドアを開けさせるかが彼らの勝負であって、
 「ポストの外に手紙が落ちていましたよ」と平然とウソをついてきます。
ドアを開けてしまったら、来訪者には名前と目的をきき、
企業名をもし相手がセールスマンとわかったら聞くことです。
用がないなら、ハッキリとうちは結構です。興味がありません。といえば、
セールスマンも貴重な時間を使って活動しているので、
買ってくれそうもない人に企業名を知らせ、名刺を1枚損し、
説明を続けるよりも次の購入者を見つける方が効率よいわけです。
気を付けるのは有能な世故たけたセールスマンは単刀直入に「買って」とは言いません。
会話の中でその人が何が欲しいと思って生活しているか、
その家にない製品に話をうまくもっていったり、
ついつられて日常を語るようにうまくしむけていきます。
そこからその人向けの商品を案内するのです。
手品師のポケットにはタネが沢山入っているのです。
何よりもハッキリと断れる自分を忘れないことでしょうか。。
口コミなし、勧誘なし、完全在宅インターネットで自動集客、ネットワークビジネスを是非!!

コメント