ネットワークビジネスからネットワークビジネスへ勧誘って

ネットワークビジネス

友達に嫌われてよければ勧誘を、嫌われたくなければこの〇〇を試行して下さい!!

ネットワークビジネス9つのウソを検証してますが、8番目は

pasokonkodomo

8.早く参加した方が有利だ!

これも本当ではないでしょう。

自分から始めて、次々と増やしていくネズミ講なら、いずれは破綻するにせと、最初の人が有利でしょう。

でもネットワークビジネスはネズミ講とは違うものです。

最初が有利なのではなく、最初がトップというのがネットワークビジネスであって、自分から始まる販売流通網をつくることで、商品の販売からの報酬が入ります。

これが自分がトップ、最初がその自分ということです。

ネットワークビジネスは先に始めようが、後に始めようが、商品の販売量や売り上げが問題なのであってそこからくる報酬額は自分の努力次第です。

実はネットワークビジネスは、日本ではその利用者の数は、この何年間あまり変わっていないのです。

1人の利用者が次々とネットワークビジネスの会社を渡り歩いているということと、1人の人が複数の会社をかけもちしていること、ネットワークビジネスを辞める人と同じくらいの人も新規参加しているという現像も想像されています。

1つの新しいネットワークビジネスが起業すると、どこからかその情報が、まさに口コミ・勧誘で伝わり、そこにゴソッと他のネットワークビジネスに移っていく人が多い、何故なら、皆が早く参加した方が得なことを知っているからだ。

まことしやかにそんなことを強調する声もありますが、そんな単純な話ではないでしょう、売り切れ必至の限界商品では、あるましし、

ネットワークビジネスの奥はもっと深いし、広い世界が待っています。

それにしてもネットワークビジネスから別のネットワークビジネスへ口コミ・勧誘で広まっていくというのも面白いものですよね。

どうしてもネットワークビジネスには口コミ・勧誘がつきもののようです。

勧誘が苦手、まして友達を勧誘するなんて出来ない!

そう思うのは私だけでしょうか?

でも今は、インターネットを利用して興味のある人を自動集客出来る時代です。

そうは言ってもどうやって集客すればよいか、理解できないですよね。

ここをクリックすると、ギョッというページになりますが、

そこにメールアドレスとお名前だけ入力してください。

こちらから後日数回にわたり詳細をお伝えします!

勿論勧誘はしませんよ、ご安心を!!

コメント