口コミビジネス、詐欺師のおばちゃん

今インターネットビジネス成功例がたくさん挙げられていて、
必ず共通している何かがあるはずだと、
それをずっと探していましたが、漠然としていて
「これだ!」」というものを見つけられずにいました。
もしみつけた人はきっとその人の頭の中に大事にしまってあるのかもしれません。
しかし私は出会いました。
「これだ!」というネットワークビジネスに!
ネットワークビジネス!
すくなくともインターネットが普及する前はなしえなかったビジネスです。
でもそれに似たビジネスは存在していました。
口コミビジネス。
連想する言葉は、ねずみ講?詐欺師?、、
私にとってはあまり良いイメージではありません。
実際私の夫は(その当時はまだ結婚していませんでしたが)
詐欺師にひっかかっています。
20年ほど前、口のうまいオバさんのありもしない投資バナシにのって、
自分の会社の増資やら海外で、別会社をつくったり、
さんざんふりまわされたあげく、
何一つ形になるものはなかったそうです。
そのオバサンがメインの収益対象といって持ってきた材料が、
クロレラ入りカプセルの販売。
当時はインターネットはありません。
現在とは環境は全く違います。
そのオバサンの強みは、経済界、政界へのコネクションで、
ルートは安心してくれという壮大なものだったそうです。
だまされた夫ですが、悔しさは勿論いつまでも残っているものの、
不思議とそのクロレラとやらの悪口は全く言いません。
「夜、よく眠れた」「1日中元気だった」「朝パッと目が覚めた」とか、、
その物質の成分表はどこかへ行ってしまったらしいですが(厚生省で調べたそうですが)
何もアヤしいもの、変なものは入っていなかったといいます。