マルチ商法、ねずみ講、アムウェイの明快な見解とは

インターネットで自動集客、友達勧誘不要な完全在宅ネットワークビジネスのご提案

ネットワークビジネスの大手企業「アムウェイ」が、マルチ商法という言葉が、作られた言葉であって、なかなか定義づけがムズカシイことを認めています。

また、ねずみ講との違いについての見解は、「ねずみ講」じゃないかと反対されたのですが、という質問に答える形で、

アムウェイは、ビジネスのシステムが根本的に異なります。

アムウェイ・ビジネスのボーナスは、頑張りと成果への正当な報酬です。ねずみ講(無限連鎖講)とは、出資をして加入した組織の一員として子会員を次々に勧誘・参加させ、子会員の出資金で親会員が利益を得る仕組みのこと。加入時の出資金は返らず、自分より下位の会員の出資で回収します。

一方、アムウェイのディストリビューターは独立事業主。アムウェイ・ビジネスによって得られる利益は、アムウェイの製品の流通ルートを開拓するという努力と成果への報酬です。

また、解約時に初年度会費3600円は全額返還されます。アムウェイが展開するのは、「ダイレクト・セリング」という合法なビジネスです。
ねずみ講が違法なのに対し、ダイレクト・セリング市場は世界的に10兆円規模を持つほど、多くの消費者に利用されているのです。
と述べられており、とても明快です。
マルチ商法も、MLMも、ネットワークビジネスも、そして、ダイレクト・セリングも、どこが、それぞれとどう違うのか、みんな同じものと考える人もいますが、
いずれにしても、マルチ商法という言葉のニュアンスが、一般的に悪徳マルチ商法、悪質マルチと同等のような悪いイメージを持たれていることは、残念ながら否定できないように思われます。
知人・友人へ自分の愛用している製品を勧めるというふつうの行為は、
良かれと思って勧めてあげても、
意外と他人はシビアです。
せっかく教えてあげてるのに、なんて思ったりもしますが、
立場を変えて考えてみれば、ただでない商品を、
そんなに簡単には受け入れるはずがないのです。
だったら割り切って考えましょう。

コメント